このページの先頭へ

 

 

自己肯定感の低い子供は、人のせいにする。

 

 

2019年2月26日

 

 

ベトナム行きに半分浮かれモードの西野です。
確定してませんが、初〜中等教育機関に従事するかもしれません。

 

 

 

そこで本稿は、『子供さんたち』について書き綴ろうと思います。
理数系の個別塾講師をしている友達に、インタビューしてきました。

 

 

外国の子供さん・学生さん

 

私には2年間弱ですが、海外経験があります。
仕事以外でも現地の教育のことなどを聞く機会がありました。
フィリピンでは、街中カフェなどで学生さんをよく見かけました。

 

 

 

フィリピンの学生さんは…う〜ん、ませてましたねぇ(^-^;
フツウに大人のカップルみたいに男女でイチャイチャしてました笑
日本の学生さんも勿論イチャイチャするのでしょうが、オープンさが違う。

 

 

 

…って、ん?
教育の話でしたね!失礼しました(;’∀’)

 

 

 

まずメンタルが違う。
外国の子供さんは『I can do it.(自分はできる)』がデフォルトですので、
『無理』と思われることだろうがとにかく楽しんでやっています。
そして、イージーゴーイング。『何とかなるさ〜』

 

 

 

そして、『やるときはやる』
仕事している人を見てても思いましたがON / OFFの切替が上手いです。
ある意味ダラダラしてないし、潔いですね(*^^*)

ヤバい学生さん・子供さん

 

一方、その理数塾講師の友達が言うには、
『今の(日本の)子供さんは(地域差や性格差は置いて)ネガティブ』
そう感じさせる子が、何かと多いそうです。

 

 

 

そうかも。

 

 

 

私も学生時代は日本の、それも地元の、ド田舎の、
さらには狭〜い教室一つが世界の全てだったときは、
『どうせオレなんて』
…がどこかに有って、何となくイライラしていましたから、解る。

 

 

 

こうも聞きました。『ネガティブな子は攻撃性も増す。』こわ〜。
さらにちょっとしたエピソードも聞かせてくれました。

 

 

 

 

授業の初めからイライラしていたKくん(仮名)。
勉強するプリントを与えても、片手で弾いて、ムス〜
『じゃあK君は何がしたいの』と訊いても黙ったまま、ムス〜

 

 

 

『何か怖い』くらいだったそうです。
うん、これは怖い((;゚Д゚))ガクブル

 

 

 

ヒアリングも4-5分経ち、そろそろ指導せねばと切り替えた彼は、
『じゃあ、僕に任せて貰っても良いかな?』と訊いたところ、
そのK君が、言い捨てるように返事↓↓↓

 

 

 

『(アレコレ話す)時間も勿体ないんで、さっさとお願いします。

 

 

 

!!!!Σ(;゚Д゚)

 

 

 

…だったそうです。
これにはいつも温厚な友達の彼も、ブチ切れそうになったと聞きました。

 

 

 

こんな子が全員ではないでしょうが、日本の子供さん…。ヤバいよヤバいよ。
外国の子供さんにもいるのかな、こんな子。少し怖くなりました。

まぁ、楽しんで来よう。

 

渡航先のベトナム。
もしそこに上述したK君みたいな子がいたとき、真価を問われるでしょうね。
ひょっとすればK君以上の問題発言・行動する子がいるかも。

 

 

 

こんな懸念が、良い意味で覆ると良いな。
覆らなくても、そんな生徒さんをどう巻き込もうかな。

 

 

 

うーーーーん!(>_<;)

 

 

 

ま 楽しむことだけ考えよう。

 

 

 

せっかくの貴重な機会なので、
ワクワク・ガクブル・ドキドキ。

 

 

 

楽しんできます。むふふ!( *´艸`)

 

 

 

 

追記

 

 

 

本稿の中盤で綴りましたとおり、
『今の(日本の)子供さんはネガティブ』
『ネガティブな子は攻撃性も増す。』

 

 

 

これらは私自身の経験則も踏まえて、ほぼ合ってると思います。

 

 

 

そしてさらに気になったので、色々ネットで調べていると
『自己肯定感の低い子は、最終的に他人のせいにしたがる。
…という意見にも辿り着きました。こちらも合ってると思います。

 

 

 

さっきのK君のビックリ発言。
『時間ないんで、さっさとしてください。』

 

 

 

結局この発言って、人を敬ってないからできるわけです。こわ。
しかも自分の意思表示は一切しないから、相手(教育者)に決めさせてる。

 

 

 

 

 

 

きっと失敗したらK君は、その教育者のせいにするでしょうね…。こわこわ。

 

 

 

もちろん『失敗』とは『K君が「失敗」と捉えうる最終結果』のことです。
恐らくテストの減点や受験の不合格は、K君にとっては『失敗』でしょう。

 

 

 

日本の子供さんは、ヤバいかもなー。
もちろん全員が、とは思いませんけど。

 

 

 

『やらされてる』と感じてイライラしている時点で取り敢えず放置し、
宿題・課題を越えた好きなことを見つけることの方が良いですよ。

 

 

 

私はそうしましたのでね。27歳越えてからでしたが。
お陰で今、楽だし自由ですよ。

 

 

 

【関連記事】

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?