トップへ戻る

『30代は転職限界説がささやかれていますよねぇ。』

 

 

『30代は転職限界説がささやかれていますよねぇ。』

 

 

 

ふだんは知らない電話番号をとらないことにしている西野です。

 

 

つい先日、同じ番号から何度か私の携帯に電話がかかってきました。
フリーダイヤルでも非通知でもなさそうなので、よっぽどの重要な
話があるのか、3度目の正直で受けることにしたのです。

 

 

相手は男性。甲高い声で私に勧めてきた話は、

 

 

 

再就職について

でした。

最悪のコンサルティング。

 

電話番号の登録すらしていませんでしたが、
どうやら数年前にお世話になっていた某就職支援機関のようです。

 

 

私は今ネットビジネスの仕事をしている話をすると、
どうやら『アリエナイ』と思われたらしく
何やら早期就職のお話をペチャクチャと聞かされます。

 

 

一瞬で悟りました。

 

 

この人に『私は、自由なんです。』と言ったところで、
全く信用できないほど不自由に洗脳されているのだろうなと。

 

 

何だか、哀れに思えてきました…。

 

 

適当にあしらって電話を切ることにしました。
『ああ…ハイ。分かりました。またコチラから伺いますので(ウソ)。』

 

 

電話の向こうの彼も、業績かノルマでもあるのか、
しつこく話をつなぎ止めてきます。必死です。

 

 

こういう話はセールスマンの『買って買って!』と同じで、
そういう雰囲気を感じ取ると引いてしまいますよね。

 

 

偉そうかもしれませんけど…下手だなって思いました。

 

 

『失礼ですが、西野さまはおいくつでしょうか?』

 

『はあ、30ですけど。』

 

『そうなんですか!僕も転職組でしてねぇ!今年で30なんですよ!』

 

『はあ…そうですか…(いつまでこの人しゃべり続けるんだろう?)。』

 

『そのご年齢ですと、ご自身の将来を真剣に考え始める頃ですよね?』

 

『…(将来を真剣に考えるのが30からって遅いだろ)。』

 

『それに今はどこも転職市場はきびしいようでしてねぇ。』

 

『…そうなんですか(早く電話切りたいなー。)。』

 

『巷では、30代転職限界説なんて聞きますから!』

 

 

…本当に哀しいなって思いました。

 

 

商談などで恐怖を使って相手をあおるのは、たしかにテクニックの一つです。
ただこの人が口にした内容では、相手の立場に立って物ごとを考えていません。

 

 

仮に私が再就職先をさがしている最中だとすれば、
『転職限界説』なんて言葉をきけば不安になるのは当然で、
人によれば、がんばってるのに決まらない人もいるわけですよ。

 

 

そんなナーバスになっている人に向けて、このキャリアコンサルタントは
『恐怖』であおったうえ『不安』まで与えてしまいかねないのです。

 

 

 

正直、最悪のコンサルティングでしょう。

 

 

 

転職希望で神経質になっている人なら誰だって、
不安や限界と戦いながら毎日がんばっているのは当たり前ですからね。

 

 

それが

 

 

『30代なら人生を真剣に考えるころ。』

 

『30代は転職限界と言われている。』

 

 

なのですから、泣きっ面に蜂でしょう…コレ。

 

 

論破してしまえば良かったのですが、
相手にするだけ時間のムダだなって思ったので、
適当にハイハイ頷いておいて、そのまま電話を切りました。

 

 

『わかりました、がんばります…では(⇒着信拒否設定)。』

やっぱり他人の雑音はシャットアウトすべき。

 

まず彼のコンサルティングがお粗末だったところは、
『30代』と『限界』というキーワードだけで押し切ろうとした点。

 

 

 

ちなみに、こういう強めのキーワードを連発したがる人は、
思考回路がたいてい詐欺師に近いので、洗脳されないよう注意しましょう。

 

 

転職に限らずこういうスタンスで何かをすすめるとき、
相手がマジメな性格で、毎日を真剣に生きている場合だと逆効果です。

 

 

それに『30代転職限界説』というのも根拠がありません。
こういう話は、データでも持ち込んで『見せながら』説明する内容です。

 

 

電話のおしゃべりだけに使うような話題じゃないんですね(^-^;

 

 

私はこの話を通じて色々感じることができ勉強になりましたけど、
彼は今後もこんなふうに失業者を恐怖であおり続けるんでしょうか?

 

 

…たぶん、すすめられた人はろくでもない転職活動になると思います。
活動者もコンサルタントも、お互いに楽しむ余裕がありません。

 

 

 

実際この国って、

ますます日本人の若者が大切されないといけないのに、

『30代で転職限界』っていう理屈は矛盾しています。

 

 

 

こういう恐怖のあおり文句で、次々と若者を搾取していくんですね。
何だかまた、恐ろしくなりました。怖いなー。

 

 

他人の雑音は振り切っておいて良かったと再認識したできごとでした。

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?