過去の人気記事・一覧

 

 

当サイト【日本語教師のジタバタ史】
(旧名:【失敗ばっかりだけど、まだ生きてる。】)に

いつも心を寄せて下さりありがとうございます。

 

 

 

自由をただひたすら追いかけ回して考え、行動し、たどり着いたことを公開しています。
近年はブログサイトの運営体系を変更し、その経緯も綴り続けてきました。
すべては『自分の自由(=自らに由る)を体現する』それだけのために。
そして、意外にもその第一歩は予想よりも早く実現しました。

 

 

 

ネットビジネスの先進としてご指導くださった人たち
逆にネットビジネスを介して保身話術や『できないこと』ばかり諭すエセ自由人
私自身の判断や行動を否定せず、見守ってくれた家族や友人たち
そして何より行動・思考を信じ続けてきた自分自身

 

 

 

すべてご縁ですし、ただただ感謝です( *´艸`)

 

 

 

今後とも、ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

管理者 : 西野 要

2019年5月1日更新

 

 

 

自分の意志と勇気で行動した人に、失敗なんてない!

 

 

世間には仕事のできない上司や失礼な部下にいちいち気を遣わず、自分の足で生きていける人がいます。
脱サラ(サラリーマン・脱却)を考えている人は勇気や決断が必要でしょうし不安かもしれません。
…ですが、誰に言われるわけでもなく、そこにある『自分の意志』は失敗ではないんです。
⇒ 失敗を恐れるヒマがあるなら、成功するまで続けましょう。

 

 

 

 

合格率20%台!日本語教育能力検定試験の勉強から合格まで

 

 

『地球を職場に』そんな大言壮語から始まった夢の第一歩でした。
世界中でビザをゲットするための難関門のひとつがこの試験です。
勉強法本番マインドセット合格まで すべて書き残しました。

 

 

 

 

サンクコスト730,000円。ネットビジネスは、もう要らない。

 

 

何一つ役に立たない『活字の保身話術』、『半端なエセ自由』
一緒にされることがど〜〜〜〜しても!!嫌でしたので、ネットビジネスを凍結し、
国境を越えた自由を実現すると決起した記念日です。
⇒ 日本に引きこもらざるを得ない人生を変える。

 

 

 

 

脱サラして、海外をブラブラ。

 

 

『こんなお祭りさわぎができるのも、学生のうちだけだよな…。』←この理屈は大ウソです。
ちゃんと自由になることができれば、学生時代以上に実現可能です。
べつだん、若いうちからお酒の注ぎ方やおべっかばかり覚える必要はありませんよ?
社会の歯車にガチっとはまるよりはこの瞬間を楽しみましょう。

 

 

 

 

色々失敗しなきゃ何にも気付けなかった脱サラ人生

 

 

ネットビジネス運営時代。
違う国で文化も価値観も違う人たちと出会うほど、
『まだまだ自分は自由になり切れていないな。』と毎度感じていました。
⇒ 体の良い『大人』になど、なるだけつまらないものです。

 

 

 

 

お金に困っている人がいたら、無償であげますか?

 

 

ある日街中を歩いていると、見知らぬ外国人が私に一言
『スミマセン、オネガイシマス。』…あなたは彼を信じますか?
どうやらお金に困っているには事情があるようですが、手を差し伸べますか?
⇒ そして、手を差し伸べる理由は何ですか?

 

 

 

 

『常識』と『良識』は、どっちが大切?

 

 

一見『正義』のように扱われていることば、『常識』。
常に変わり続けている『常識』は何をもって変わっていくのでしょうか?
⇒ 本当に常識って必要ですか?

 

 

 

 

専業主婦までニート同然と言われてしまう時代

 

 

誰かがついたウソがウソでなくなったのか、それとも真実か?
残念ながら専業主婦(夫)はそんな形容をされてしまう時代のようです。
徹底して考察しています。(本記事中に家事の労働価値もリンク有)
⇒ 家事って一生休めないんですよ?

 

 

 

 

人は人。自分は自分。ドンドン価値観を上書きしましょう。

 

 

自由になっても弱い自分と出会う日々はあります。
出会いをつづけることで自分の価値観はドンドン上書きされていくんですね。
それでも自分らしさはちゃんと持ちつつ、人の良いところをマネしていけば良いんです。
⇒ 『ひとりで生きてきた』なんて、危険なかんちがいですよ!

 

 

 

 

脱サラ、海外でネットビジネス…そして帰国して感じたこと。

 

 

パソコン1台もって、海外でネットビジネスをしてきました。
『仕事は生きていく手段でしかない』。そんなことを実感できます。
そして改めて母国・日本に帰ってくると、人の未来について考えさせられます。
⇒ つながる世界。思い出はいくらでも共有できる!

 

 

 

 

『自分なんて誰の役にも立たない…。』生き方を変えましょう。

 

 

よくよく考えてみれば『お前なんか何の役にも立てねえよ!』なんて言いきかせてくる人、
めずらしいですよね?いたとしてもシカトです。自分が人の役に立てるかどうかなんて、
自分が決めれば良いんです。そして、役立ちたい人すらも、自分で決めましょう。
⇒ 『自分が誰の役にも立たない』なんて思ったら、大間違いですよ。

 

 

 

 

『私は苦労が多い!』と感じる人は読んで下さい。

 

 

苦労とは幸運を積みかさねていく作業ではありません。苦労や努力って平気で裏切るんですよ。
がんばれば明るい未来が待っているのは質の良い努力をこなした場合のみです。
質の良し悪し関係なく、私たちはなぜ苦労し続けていくのでしょうか?
⇒ 苦労してTOEIC900点!その割りに全然合わないごほうびとは?

 

 

 

 

人の自由。何度だってやり直せる・何度だって前に進める。

 

 

私は特定少数のなかでしか人間関係を築けません。(『広く浅く』がムリなんです…。)
しかも悪い思い出がある場所にはなかなか足を踏み入れることができません。
人間関係のかたちは人それぞれですけど、人は何度だってやり直して前進できるんです。
⇒ 大好きな街や人がそこにあるかぎり、何度でも。

 

 

 

 

パソコン1台持って遊べたネットビジネス

 

 

関西空港から約1,600.00 マイル。日本から離れても当然ネットビジネスはできます。
どんなに孤独でも、つらくても、それが肥やしになるなら海外に一度身を置くことはGOODです。
ドンドン自分を試したら、あとはさっさと見切っても良いですし。自由ですよ。
⇒ 『職場は地球』は実現可能な時代です。

 

 

 

 

脱サラ男の価値観。『真実の愛』について。

 

 

クサい言葉ですけど、まっとうに生きていくためには『愛』が必要だと思います。
『愛』こそ人が生きのびていくために残された『最後のたくらみ』なのですから。
『真実の愛』を公然と口にできますか?それとも黙って行動で示しますか?
⇒ 人の愛のカタチはそれぞれ。色んな考え方があるようです…。

 

 

 

 

 

自分のブログサイトを初めて作る人の為の記事。

 

 

『自分のブログサイト作りたいんだけど、何が何やらわからない!』

 

初心者の前段階、未経験者は『わからないことすら、わからない!』そんな心境です。
誰にでも最初はありますからね(^-^; ただ、ちゃんと目と手をつかって『実際にやってみる。』
これだけは初心者をクリアしたあともず〜っと役立つ心がまえです。
⇒ ブログサイトのコレだけおさえたら作業がスムーズになる!

 

 

 

 

今やらずにいつやるんですか?勿体ぶってはいけません。

 

 

私が脱サラを決意した当時は『サラリーマンが3ヶ月食べていける程度の貯金』しかありませんでした。
いっそメチャクチャになってやろうかなと思ったくらいです。
そのせいか『やりたいことは生きていいるうちに』そんなクセがついてしまいました。
⇒ 勿体ぶりでは成長できないんですよ!

 

 

 

 

行動している人には勝手に運が舞い込んでくる。

 

 

ある日電車で見た、『どこを見ているのか解らないような瞳で、どこかへ向かう人たち。』
明らかに自分の意志で行動しているような顔つきには見えません。
管理教育や社会のきびしさに揉まれると、こうなるのでしょうか…?
⇒ 振り切らないと、いつまで経っても変わりませんよ。

 

 

 

 

会社の人材ポイ捨て。『うつ病ですか。ハイ、さようなら。』

 

 

自分に何かあったときに、会社は何かしてくれると思いますか?
もちろん会社によるかもしれませんけど、何もしてくれない会社は世の中にちゃんとありますよ。
労災申請なんて、会社側からすれば『どういう神経してやがるんだ…』ありえそうな話です。
⇒ 『お前はこういう人間だ。』←ご丁寧に演じてあげるんですか?

 

 

 

【その他おすすめ記事】

 

 

 

 

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?