人は人。自分は自分。ドンドン価値観を上書きしましょう。

 

さて、本記事も現地フィリピンからお届けします。

 

 

海外勤務時代以来のフィリピン渡航ですが、
前と変わらず彼女と友人たちが優しく迎え入れてくれて、
年を経たせいか少し涙腺がゆるんでしまいました。

 

 

 

ニシノは仕事無くてブラブラしてる。

 

 

 

↑勘違いしてそんな私を慰めるように迎え入れてくれてます。
(ブラブラしているのは確かにあってますけどね(^-^;)

 

 

ネットビジネスのことを英語で説明しようにも、
なかなか難しいものですね。

 

 

家族や友人に説明するだけでも難しかったんですから、
当然かもしれません。最後は納得してくれた…かな?

 

 

こちらに到着して1週間が経過しました。
2年ぶりの英語漬け環境ですが少しずつ慣れてきました。

 

 

今は彼女の家で、まったりしたり一緒にごはんや買い物をしてます。

 

 

近所の肉屋にて。

 

 

無農薬野菜と豚肉を塩コショウだけで煮た、
シンプルな『ニラガ・スープ』

 

 

彼女と久々のオセロ。

 

 

彼女が日本語を勉強している事実発見。
(こんなのがあったのか!)

 

 

 

そして街や人の雰囲気を直に目の当たりにしているせいか、
気持ちの面でもイージーゴーイング(楽観的)になっています。

 

 

あと時間に関してはすごく大らかになってます。
(さらにのん気になっているのかもしれない(^-^;)

 

 

日本の電車やバスで『時間ピッタリ』が当たり前になっていると、
海外の『予定時間』には最初は若干イライラするかもしれません。

 

 

改めて実感します。
現地人からすれば日本人がキッチリしすぎなんですね。

 

 

↑ただ私にとってはそれが助かるのですが。
『時間ピッタリ』は海外では期待しない事ですね苦笑

 

 

そして、比べない事が一番です。

フィリピン現地生活いろいろ。

 

フィリピン現地生活のことを少し。

 

 

2年前から変わっていることはほぼありませんが、
実際生活すれば『ああ!こういうのあったな!』
瞬間的に記憶がよみがえります。

 

 

衛生面を考慮してアルコールは持参しましょう。
ビッグサイズと携帯用。

 

 

 

ショッピングモールでポケットWiFiを再契約しました。

 

 

 

ごはんはファストフードでおなじみ『ジョリビー』
店の前でジョリビー君がお出迎え。

 

 

 

 

変わりないようで、いやされます。

価値観が上書きされていく。

 

この国には良い思い出と悪い思い出があまりにも多いので、
正直能天気に『楽しみ』といった気持ちにはなりませんでした。

 

 

ただ遊びに来ている今ですら、弱い自分と出会う毎日です。

 

 

そんな弱い自分と戦う意味でも、
生活していれば少しずつたくましくなっていきます。

 

 

冷凍機が無ければ氷を外で買わなければいけない。

 

雨が降ると漏電・停電はしょっちゅう起こる。

 

スマホ、財布は安易に放置しない(盗難に注意)。

 

スーパー袋は丈夫でないので重さに気をつける。

 

トイレで用を足すときはアルコールで便器を洗う。

 

紙をトイレに流してはいけない。

 

井戸水を安易に飲んだりしない。

 

人から受ける親切を素直に受け入れて必ず返す。

 

人から受ける親切を疑う心も持つ。

 

 

『どっちやねん?』というようなこともあるかもしれません。
そして、日本では考えられないこともたくさんあります。

 

 

価値観が変わったり増えたりすることだらけです。

 

 

今回も新しい出会いがありましたが、
その人の人生観や将来へのビジョンを耳にすれば、
また私も変わることができます。

 

 

人との出会いは、海外での方が面白いかもしれません。

 

 

ある著書にはこう書かれてあります。

 

 

海外に住む日本人は日本に居る日本人よりもずっと日本人っぽい。

くり返し読み返せばご理解いただけるかもしれません。
海外で日本の事を聞かれたときは母国の事を知っていなければいけませんからね。

 

 

人との出会いは価値観の上書きです。

 

 

自分らしさはちゃんと持ちつつ、
他人の価値観を受入れて自分の中で昇華すれば良いんです。
良いところはマネして、『違うな』と思ったことは割り切りましょう。

 

 

あとは、先述どおりいちいち他人と比べない方が良いです。

 

 

世の中にスゴイ人なんて沢山いますけど、
『人は人、自分は自分。』です。

 

 

比べずにドンドン成長すれば良いんですよ(*^-^*)

 

 

 

追記

 

 

 

私は人に自慢できるほど体力もありませんし、
頭の回転が早いわけではありません。
海外にいれば特にそれを自覚します。

 

 

日本に居れば何でも『至れり尽くせり』です。

 

 

うっかり独りでブラブラしていれば、
『自分ひとりで生きてきた。』
というもっとも危険な勘違いをしてしまいます。

 

 

恥ずかしながら私は27くらいまではそんな勘違いを
しながら毎日を生き続けてきました。

 

 

今でこそこうやって正直に書き綴ることができますので、
27以降、海外で色々バカを見たのは良薬だったといえそうです。

 

 

もちろん進んでバカを見る必要はありませんし、
私なんかよりも賢く考えて行動している人は、
海外には山ほどいらっしゃいます。

 

 

改めて今回も、そんな人たちと出会えることができて
幸せでしたし、まだまだ人生を楽しめるなと思いました。

 

 

感謝です☆

 

 

こんな小さな幸せかもしれませんが、
そのお手伝いは私でもできますので気軽にご参加下さい。
(今だけ追加プレゼントも実施中です。)

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?