『迷惑かけたくない』という遠慮の呪縛。

 

 

 

私が学生時代のころのお話を少し。

 

 

私には『しょっぱい過去』としか表現できない学生時代があります。

 

 

それは希望の大学受験に失敗したからとか、
かわいい彼女ができず青春のムダ使いだったからとか、

 

 

目に見えることだけじゃなかったんですね。
(まぁ上の二つだけでも既にしょっぱいですが。)

 

 

長く私のブログにお付き合い下さっている人は
もう既にご存知かもしれないのですが、念のため。

 

 

私は13のころからこんな気持ちで学校という世界に通っていました。

 

 

やたら聞き分けの良い優等生がキライ

 

無実の子にプロレス技を仕掛ける不良もキライ

 

管理教育を忠実にインストールできないから自己嫌悪

 

親が期待するだけの成績も取れないからもっと自己嫌悪

 

 

こんな出来の悪い自分をよくも両親は見捨てず、
お金を落としていってくれたものだと思います。

 

 

お陰で自分の居場所があるんだかないんだか、
良く分からない気持ちで過ごしていました。

 

 

行く意味も解らず学校に毎朝向かい、
受ける意味も分からない授業に参加していました。

 

 

 

終わらせたい
…と毎日考えていたものです。

 

 

 

それでも大学に進むまでは、
『絶対登校拒否だけにはなるまい。』
そう心に決めて意地でも学校に通い続けていました。

 

 

全ては身を削ってくれた両親に迷惑をかけないためです。

 

 

こう表現すれば『弱さを親のせいにしている』
そう思われるでしょうが、正にその通り。

 

 

親のせいにしてたんです。

 

 

あと『登校拒否』が、
何だか『負け』のような気がしていたんだと思います。

 

 

今よくよく考えてみれば、くだらないなぁと思います。

 

 

だから今は、人生で一番つまらなかった高校時代のクラスメイトとは、
会っていません。会う理由もありません。会うメリットもありません。
(わざわざ会って楽しいわけがありません。)

 

 

私の人間関係の不適合は、既にこの頃から始まっていたようです(^-^;

 

 

心から『楽しかったな』とようやく思えたのは、
大学で研究室に引きこもり始めたころでした。

 

 

好きな時間に研究室に向かって、
好きなだけ研究に没頭して、

 

 

研究がヘタで誰からも文句言われませんでしたし、
『もうイヤだ』と思えば1週間は平気でサボりました。

 

 

それでもなぜか最後は賞までいただくことができました。

 

 

 

なぜだか解りませんけど、こうなったんです。

 

 

 

わかっていることはただ一つ。

 

 

何も遠慮しなかったことだと思っています。

 

 

別に学歴とか楽しかった経験を自慢しているわけではありません。

 

 

 

『迷惑かけたくない』とかそういう遠慮の気持ちを排除すれば、

好きなことに集中できるし、キライなことも避けられるということ。

 

 

そのまんま自由ってことなんです。

 

 

しかも先述どおり賞のようなオマケまでついてきます。
(コレはたぶんたまたまだったのだと思っています。)

 

 

色々ガマンしてきた時代に戻ることができるなら、
間違いなくちがった行動を私は起こすかもしれませんけど。

 

 

今となれば、そのしょっぱかった過去すらも愛おしいものです。

 

 

その理由は『遠慮という呪縛から解放されたから』だと、
自分自身そう胸を張って言えます。

 

 

ここまで読み進めて下さったあなたは今、
何かに『迷惑をかけたくない』と遠慮していませんか?

 

 

そして、それが呪縛になっていませんか?

 

 

いきすぎたガマンは、自由にはガンですよ。

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?