地下世界の『闇』を覗いてきました。

 

 

 

名古屋です。
怪しげなタイトルですが、今回は姉と音楽を聴きに同行しました。

 

 

 

某バンドのツアータイトルは、UNDERWORLD。
いわゆる『地下世界』というヤツみたいです。

 

 

私も実は最近、すごく不快になった出来事があったので、
その怒りとかモヤモヤを浄化しに行こうと決起しました。

 

 

 

…地下世界で(^-^;

 

 

 

今週からゴジラが来るそうです。

 

 

地下世界を覗く前に、ひつまぶしで腹ごしらえ。

 

 

1杯目。

 

 

2杯目は薬味付き。

 

 

お吸い物でひと休憩。

 

 

山椒とほうじ茶もバッチリ。

 

 

3杯目。熱々のお出汁でお茶漬け。

 

 

開場2時間前。既に人、人、人…。

 

 

 

 

開演時間は6:66PM
…ってこれ、バンドのこだわりみたいですよ(^-^;

ちなみに私は毒を吐くことはありますけど、悪魔崇拝者ではありません。

 

 

物販も充実してるけど、女性ものが多いかな…。

 

 

いざ入場。
こういうのを見れば、自分もまだ(気持ちだけは)若いんだなと思います。

 

 

 

 

…約2時間後。

 

 

 

地下世界堪能後。オフィス街なので意外に地味な夜景。

 

 

 

地下世界を覗いてきた感想

 

 

案外お客さんの年齢層は、バラバラでした。

 

 

髪を上げてやんちゃっぽいメタルキッズもいれば、
40‐50代の奥様方も結構近くにいたり…。

 

 

最前列で大暴れしていた少女もたくましく、
乱心疲れで閉演後に会場外でグッタリしていた大人の女性…。

 

 

 

みんな、いろいろあるんだな。

 

 

 

拙いなりにそんなことを感じました。

 

 

えっ…私ですか?
そりゃあ、いろいろありますよ、私も。

 

 

いまだって許せない人たちなんて沢山いますし、
どうやって彼らに仕返ししてやろうかなんて四六時中考えます。

 

 

『アイツら、不幸になれ!』とさえ本気で考えることだってあります。

 

 

カッコ悪いですけど、それで良いんだって思います。

 

 

だから耐え切れなくなったら、
今回みたいに地下世界で解放してきますよ、全部。

 

 

そしたら何か、前向きになれるものです。

 

 

人生、仕事、自由、ストレス、生き方…。

 

 

みんな同じだけど、みんなちがう戦いを生きている。
そんなことをしんみり思いながら、音楽の余韻に浸っていました。

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?