許すまじ!彼女と私のアカウント乗っ取り奮闘記

 

一体何を好んでそうするのか理解に苦しみますが、
SNSのアカウントハッキング(乗っ取り)は絶えないようです。

 

 

これって、立派に人に依存する生き方だと思うんですよね。
同じ人間として情けないと思います。


事件発生。彼女のアカウントが乗っ取られた。

 

ぼけーっと夜道を散歩してるときに彼女から一報。

 

『Facebookのアカウントが乗っ取られちゃった!』
(赤線)

 

 

 

やっぱりいるんですね、そんな輩がどこにでも…。
とりあえずそいつの悪口を『F』ワードにのせます(^-^;

 

 

 

アカウント乗っ取りの対処は『パスワード変更』
手っ取り早いと思いますが、この機会に勉強する意味でもう少し調べます。
ちょっと待ってね。許せん!怒

 

 

 

Googleで早速調べると、あっさり見つかります。
乗っ取りのことを『Jacked』だと私は思っていましたが、
『hacked』が一般的の様です。
検索上位のページがFacebookヘルプチームのページの様です。

 

 

 

彼女がテンパってるので、なだめてます。

 

 

 

どうやら同じ被害に遭った人が沢山いるみたいですね。
心労お察しします。ここでアカウント状態の診断ができるようです。
(赤矢印:Facebookヘルプセンター)

 

 

 

再び彼女から連絡。テンパりすぎ(^-^;
って、風呂入るんかい!

 

 

 

続きです。
どうやらここ(赤矢印)をクリックすれば、
アカウントの状態を診断してもらえるようです。
(心当たりのない誰かが、自分のアカウントを乗っ取っている。)

 

 

 

彼女にIDとパスワードを
教えてもらい、早速チェックします。

 

 

 

『ちょっと待ってね』的な時間が流れ、
『@〜C何れかを変更しましょう。』というメッセージが表示されます。

 

 

 

早速彼女にパスワードを変更するように伝えます。

 

 

 

3分後…

 

 

 

旧パスワードでログオンしたままの状態で、
赤枠のメッセージが表示されました。
『このパスワードは使用できません。3分前に変更になりました。』

 

 

 

ひとまず解決しました。よかった、よかった(*^-^*)
Hachimitsu(はちみつ)って…『ハニー』ってことね照

 

許すまじ、アカウント乗っ取り

 

冒頭通り、アカウント乗っ取りなんて
不自由な人が自由に生きている人のプライバシーに
依存して生きる行為なので、愚の骨頂です。

 

 

今回はそれで彼女に何かしたのかハッキリ解る
ようなことはありませんでしたが、
乗っ取られている本人からすればたまったもんじゃありません。

 

 

何でこんなことができるんでしょうか?

 

 

正直理解を示したくもありませんし、
知ったところで気分が悪くなるだけなので、
もうこれ以上はノータッチで行こうと思いますが。

 

 

情報を制する者が勝つとは考えるものの、
こんな形で『勝者』と勘違いする輩がいるのは
正直ガマンなりません。

 

 

『一体何の権利があなたにあるんですか?』
直接会えば、こう言ってやりたいくらいです。

 

 

勘違いしないで下さい。自立して下さい。

 

 

他人の自由や思考を乗っ取ったり、
それで拘束できたり支配できた気になっていると
思ったら大間違いなんです。

 

 

今回私の彼女みたいに、
不要な心配や不安を抱いてしまう人もいるんですよ。

 

 

それで余計な時間を奪われて、
大切な人との時間や約束を疎かにされたら、
どう責任を取るんですか?

 

 

そして、それを見てあなたはどこかで笑ってるんですか?
悪趣味な真っ暗い部屋で独り…。

 

 

悪趣味を走らせるパワーがあるのなら、
そのパワーを世の為人の為に使いましょう。

 

 

ささやかながら私からのお願いでした☆

 

 

 

 

 

【併せて読まれている記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?