活き活きとした芽を摘むことが楽しい悪趣味人間

 

 

良い人は、世の中のどこかに必ずいます。
…がそれに輪をかけて必ず悪趣味な人もいます。

 

 

その人は希望の芽を摘むことが生きがいの、最もタチが悪い人間です。

 

 

そんな人が教育者の立場なのですから、世の中恐ろしくなります。


学生の若い時間を虫食いにする。

 

業務妨害にならない範囲で
ノンフィクション人物のお話をします。

 

 

某大学の教授は研究意欲を失い、
いよいよ自分の人生を考え直す心境に立っていました。

 

 

…が、すでに妻子持ちだった彼は妻と子供を言い訳に使い、
研究室のイスから離れる選択をしませんでした。

研究意欲を失った教育者が研究室のイスから離れないことほど、
不利益な教育機関はないと思います。

 

 

要するに、自分の人生を愛おしく思うクセに、
一方では世間体や結婚制度にぶら下がり、
給料泥棒として生き永らえているわけです。

 

 

人の人生なので止めはしませんが、不健康な精神状態だと思いますね。
もう病気です。かわいそうなのかもしれません。

 

 

ただ、もっとかわいそうなのは
運悪くそんな大学教授のもとで学ぶ道を
選んでしまった学生たちです。

 

 

研究においてもやる気が見られないし、
他の教授からも敬遠されるのでコネがなく、
就職活動でも頼ったり相談することができません。

 

 

いざ生徒さんが研究のことで質問に訪ねると、
望んでもいないのに2‐3時間も拘束し、
全く関係のない自分の人生や家族の話や
愚痴を話し続けます。

 

 

 

寂しいだけなのは分かりますけど…迷惑千万です。

 

 

 

学生さん、それも就職もまだ決まっていない
若く貴重な時間までも虫食いにするうえ、
やる気や志が高い生徒さんの活き活きとした芽を
摘むような最低の教育者です。

 

 

案外こんな教育者はどこにもいるのではないでしょうか。
(先述通りこれは実話です。)

悪趣味人間の末路

 

最低の教育者の話をしました。

 

 

自分の人生を真剣に考えている学生さんたちからすれば、
期待ハズレも良いところです。

 

 

自分自身が研究をしたいと思っていた分野で、
その教育者が教育権利を持っている現実ほど
絶望的な状況はないと思います。

 

 

当然自分の時間を大切にする人からすれば
付き合いきれないので、自然と離れたくなるものです。

 

 

その教育者は、こんなことを口にします。

 

 

 

『来る者は拒まず。去る者は追わずなんですよ。』

 

 

 

…うっかり聞いていればカッコ良いことだけは言えるようですよ。
一人も来る者はいないし、みんな去って行くと思います…。

 

 

 

自分の人生を切り開けない。

 

家族を言い訳に使う。

 

若者の芽を摘む。

 

 

そんな教育者の末路は『周りからみんなが去って行く。』
そんなところだと思います。

呪いのキーワードばかり発し続ける。

 

悪趣味人間が栄養にしているものがあります。

 

 

それは何かと言いますと、
『呪いのキーワード』です。

 

 

それは小さい頃から周りの大人や友人が多く使ってきたからか、
『何となくニヒルな気分に浸れてカッコ良い』と考えたからなのかは解りません。

 

 

いずれにしても『呪いのキーワード』に慣れ親しんでしまったゆえに、
悪趣味な人間としてそのまま大人になったようです。

 

 

では、『呪いのキーワード』とは何でしょうか?
あまり気乗りはしませんが、いくつか例を挙げていきますね。

 

 

【呪いのキーワード一覧】

(※注意:一切頭には残さないで下さい。)

・そんなのムリ

 

・それは無い

 

・できるわけがない

 

・どうせ失敗する

 

・自分にはできない

 

・空気読めよ

 

・頭悪いな

 

…これ以上は止めておきます。

 

 

悪趣味人間の体内・脳内にはこれらキーワードが浸潤しており、
溢れ出るぶんを『若く希望あふれる人間』に分け与えていくわけです。

 

 

 

あなたの身の回りにネガティブオーラが見える人はいませんか?

 

 

 

そのオーラって実は、『呪いのキーワード』が溢れ出ている様のことを言うんですよ。

 

 

そして、最大の問題点。
呪いのキーワード漬けの悪趣味人間が、
必ず起こさなくなる行動があります。

 

 

それが『挑戦』です。

 

 

『できるわけがない』と言える人間がみな、
挑戦したことが無い人間である理由はこれに尽きます。

大抵の雑音が『呪いのキーワード』

 

私はネットビジネスに着手して、
いよいよ自分の人生を自由に幸せに歩むため
決起する人たちに向けて必ず以下の二つを伝えています。

 

 

@ :常識を遮断して下さい。

 

A :ただ、行動を起こして下さい。

 

 

たとえやって後悔したことだとしても、
それは後々の自分の人生を必ず救います。

 

 

本記事は悪趣味な教育者を徹底して叩いた内容でした。

 

 

擁護するつもりはありませんが、
実はこの悪趣味な彼は、かわいそうな人間でもあります。

 

 

それは小さい頃から慣れ親しむべき環境が、
『呪いのキーワード』に満ちていたからです。

 

 

私たちが生い立ちや親を選べないことはみんな一緒なので、
そういう意味ではかわいそうと言えるかもしれません。

 

 

間違っても後ろ向きになったときに『これで良いんだ。』・『こんなもんだ。』
などとは一切口にしないで下さい。

 

 

 

思考停止が始まります。

 

 

 

私はくどいほどに自分の意志と行動で
180°ちがう人生を歩めることを断言します。

 

 

後ろ向きになりかけたとき。そんな人を救うのは、抵抗です。

 

 

『いや、違う!』

 

『こんな人生100%ウソだよ!』

 

 

そう信じて自分が自分に命じるまま行動に転じましょう。

 

 

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?