たった一度きりの人生。学校は何を教えてくれた?

 

 

 

4月中旬にこの記事を書いています。
私の地元の桜は遅咲きだったので、まだ満開で見ることができます。

 

 

つい先週に家族で夜桜を鑑賞したばかりでしたが、
あれに懲りずに朝方にフラっと公園を立ち寄ってきました。

 

 

地元民よりも観光客の外国人の方が多かったので、
何とも例えようがない気持ちでした。

自由になるために必要なことは、学生のうちでは教われない。

 

 

帰る途中には学生服で登校する子供さんたちや
スーツを着込んだサラリーマンたちがポツポツと増えていました。

 

 

この人たちは眠い目をこすって今から学校に行くけど、
のんびり桜鑑賞した30のオッサンの私は今から帰宅し、
二度寝をしようとしているところです。

 

 

30のオッサンよりも10代前半の子供さんの方が
働き者の現実って何なんだって思いましたが、
これも人の生き方の表現方法の一つと割り切ることにしました。

 

 

遊ぶことで頭がいっぱいの学生時代に、やたら聞き分けが良い優等生。
それもそれでほめられたものです。

 

 

しかし、学んできたことが良い大学や安定した会社に行く目的では
遊ばなかった過去をそのうち後悔する日がくるかもしれません。

 

 

お金を稼ぐ方法ではなく会社のルールに従順に溶け込むことが
学んできたことの全てならば、それ以上に時間の浪費はありません。
学生時代にキャッシュフローって学べましたか?

 

 

そもそも、教科書だけ読んでそこから学んだことだけを
テストの答案用紙に書き込めば良いだけなら、わざわざ
友人や異性の誘惑が多い学校に行く必要もありませんよね?

 

 

書いた答案用紙が教科書や予備校の先生の言った通りの
ことをバッチリ守っていれば花マル。晴れて巷では安定と言われている
会社やエリートたちの仲間入りができるわけです。

 

 

やがて社会の荒波に巻き込まれて求人票でも探っている日には、
学歴も能力も『雀の涙』ほどの小遣いにしかならない将来も待っています。

 

 

因みに私は転職活動中にTOEIC900点保有者の資格手当がたった3000円
という求人票をうっかり目にしてしまったことがあります。

それを見た瞬間に馬鹿らしくなって勉強することもやめました。

 

 

要するに、『小さい頃から親のすねをかじってまで教育に
支払ってきたお金も、大きくなって転職やキャリアのために
取得した資格も、果たして自由への順路なのか?』
こんな疑問が沸いていくるわけです。

 

 

『いや!絶対いつか役に立つときが来る!』
こんな言葉を十数年前に親や先生が私にこう言い聞かせてくれましたが、
それらのうち役に立ったことと言えば1割あるかないかです。

 

 

特に私は数学や地理が大キライだったので、
苦手分野に学習時間をあてたあの膨大な時間は無意味と消えました。

 

 

なぜなら小難しい計算や場所の検索は、スマホやパソコンの
アプリ一つで私にとってはすべて十分足りるからです。

 

 

『いつか役に立つときが来る。』・『果報は寝て待て。』
などうまい具合に大人の口車に乗せられてきましたが、
寝ているうちに貴重な時間が奪い去られていきました。
一体、これが不自由以外の何物なのでしょうか…。

 

 

 

 

 

 

ここまで手入れをするのも大変なハズ。

 

 

こういうところでお茶をやっつけると心が和みます。

 

 

 

 

もう少し天気が良ければ…それだけが残念です。

 

 

 

 

ライトアップの翌日。片付けが行われていました。

 

 

因みに、ライトアップ時の写真記事はこちらです。
興味がある人はぜひご覧下さい。(すごく綺麗ですよ。)

 

 

 

追記

 

 

 

自由になるために必要なことは、
学生のうちから教えてくれないようですよ。

 

 

いや、教えてくれないというよりも、
教えてくれる大人たちがいないということですね。

 

 

そもそも自由になるために必要なことを知っている大人たちは
今朝も二度寝するような生活をしているので子供たちに教える
機会などないのかもしれませんね。

 

 

私は先生でも、誰の親でもないですけどね(^-^;

 

 

好きな時間にうろついたり朝二度寝できる。そんな人生。
真面目な人ほど実は順路を辿り始めています。

⇒ ネットビジネス未経験者向け:自由を実現するセミナー(無料)

 

 

 

 

 

【関連記事】

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?