『今度・そのうち』なんて、平気で社会は裏切るんです。

 

勝手ながら、悲しいお知らせです。

 

 

私が5つの頃から大好きで通っていたコロッケ屋さんが
先日突然取り壊されてしまったのです。

 

 

『今度・そのうちに行こう』と思っていたら、
何の前触れもなく平気で起こったことでした。


社会は人の都合なんて知らん顔で回っている。

 

サラリーマン時代からうすうす解っていたことですが、
他人なんて自分の都合を平気で裏切るんですね。

 

 

それは同じ会社にいても同じです。
余談ですが、同じ会社の人間に
時間の約束を3回破られたこともあります。

 

 

 

人が会社に居座ろうが辞めようが、
世の中の時間は知らん顔で回っていますし、

 

 

弱者が何を求めようが、権力者はそれを
押し通すことができます。そんな世界です。

 

 

ネットビジネスを運営し始めて以降、
自分自身が権力者となった今、もはやこれ以上
くだらない特権階級ごっこに付き合うことは
ないと思っていましたが、それが間違いでした。

 

 

本当に紙一重だったんです。
ある日、外食後に家族で近くをドライブしていると…。

 

 

『あっ、あそこのコロッケ屋ってまだやってたんだ。』

 

『そうやねぇ、長いねえ。』

 

『あそこのコロッケ、いつも出来たてくれて美味いのう。』

 

『25年くらい経つよな。俺が幼稚園の時からだった。』

 

 

こんな会話をしながら、
『また近いうちに寄りたいな。』 そう考えた矢先のことだったのです。

 

 

社会は知らん顔で、人の大切なものを奪っていくのです。

自らに由れないこと

 

大好きなコロッケ屋さんの運営権限は、
当然ながら私にはありません。

 

 

高校・大学卒業後。留学前。帰国後…。

 

 

毎日顔を出すこともなく『たまに食べる出来たての味』が美味しくて、
これからもず〜っと私の身の回りにあるものだと勘違いしていたのです。

 

 

取り壊された後、急いでインターネットで検索しました。
ただの転居だと信じて…。

 

 

今もなおそのコロッケ屋さんのグルメレポートが
たくさんネット上には残っています。

 

 

それでもお店のおじさんは細々とすることを好んでいた
からか、ホームページを作ることもありませんでした。

 

 

私もそれ以上を望みませんでしたし、
それで良いと思っていました。

 

 

誰もおじさんの自由や思考に干渉なんて
できるはずがないからです。

 

 

『自らに由れないこと』とは、まさに
おじさんの自由と思考のことなんですね。
私たちが決して手を出すことができない絶対領域です。

持ち越すな。『今やれ』

 

『いつやるか・いつ手を出すか』
なんて約束ごとは、雇われない立場の人たちにとっては
『そんなの私たちの勝手だ』と言う権利はありますが、

 

 

『今やらないとどうなるか』
同じ世界・社会に身を置く以上
何も保証されないのです。

 

 

どれだけ私が大切にしていることも、
私の権限が及ばない以上はあっさりと社会から
なくなってしまうこともあるんですね。

 

 

自由とはすばらしいことですが、
実に深く、一筋縄ではいかないものです。

 

 

『そのうち・今度で良いや。』

 

 

ゆるぎなく迎えることができる明日も、
何の保証もされていないということですね。

 

 

『持ち越さず、今やれ・動け。』
今、誰かのそんな声を聴いたような気持ちです。
社会は平気で私たちの期待を裏切っていきます。

 

 

今やりましょう。
手遅れにならないためにも。

 

 

 

追記

25年間お疲れ様でした。

 

 

 

この場をお借りして、私の大好きなコロッケを
25年間ずっと揚げ続けてくれたおじさんに感謝し、
『本当にお疲れ様でした。』と申し上げたいと思います。

 

 

学生時代はやたら聞き分けが良い優等生も
不良も好きではなかったので、

 

 

『もう耐えられない…』そんな気持ちの時は
藁にすがるような思いでこのコロッケ屋に逃げ寄った日もありました。

 

 

『たまに行く』がミソだったので、
店主のおじさんも私のことを覚えていたり、
時には忘れてしまっていたりでした。

 

 

ただ、そのバランスがとても良くて、
私も気兼ねなくいつでも立ち寄れた憩いの場でした。

 

 

また立ち寄っても、私のことは覚えていないかも
しれない。でも、それが良かったのです。

 

 

ただ、当たり前だと思っていた憩いの場が
急に無くなったとき、やはり『当たり前などない』ことに
気付け、感謝し、そして、『当たり前だ』と勘違いしていた
自分の浅はかさを知りました。

 

 

レビューも口コミも、ネット上には
まだたくさん残っています。

 

『揚げてるところが見れるのって安心☆』

 

『メニュー多いなぁ。』

 

『学生さんで賑わうそうですよ。』

 

『夕食にもう一品。』

 

 

ご馳走になることができれば、
丁度このブログでも写真を載せたいと思っていたところでした。
(残念ながら叶わなくなってしまいましたが…。)

 

 

それでもみんながそのコロッケの味を覚えています。
改めてものの価値観について『良いものは良い』ことを確信できる事実でした。

 

 

 

 

 

【併せて読まれている記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?