トップへ戻る

会社の理不尽な『特権階級ごっこ』はたくさんです。

 

会社の理不尽な、『特権階級ごっこ』はたくさんだ。

 

今日、ふと今まで見てきたこと・感じてきたこと。
いろいろ考えているとちょっと思い出したので、今日はそのお話です。

 

 

会社での理不尽についてです。

一体何の権利があって?

 

昨日の夜、NHKで
『いじめをノックアウト』という番組を観ていました。

 

 

いじめられた側・いじめていた側
両者が深く長い内容の経験や考えを交わしました。

 

 

私は『いじめ』という呼び方には少し疑問を持っています。
『いじめる』『いじめられる』『いじる』『いじられる』
これらはただの言葉遊びだと思っています。

 

 

一体その人に何の権利があって、
『いじめる』『いじめられる』『いじる』『いじられる』を決めるんでしょうか?

 

 

現実にはこんな話があります。
過去にイギリス留学の経験があり東京でも6年以上勤めた人が、
ある小さい会社では25にもなっていない若い女の子やお局さんにいじられる。
いじられる本人はヘラヘラしてるし『いじられなくなると終わり』なんて言って笑ってます。

 

 

彼は人生経験が豊かでもっと自由でいれるはずなのに…。
プライドが無いのか?って思います。


特権階級ごっこ

 

私が学生・社会人になっても嫌いなもの
いつまで経っても嫌いなもの

 

 

それが特権階級ごっこです。

 

 

13のときでした。
私が仲の良かった友達はみんな違う校区に進学しました。
いざ私が入学した中学校にはガラの悪い別校区の生徒がいっぱい。

 

 

13で、毎日ブルーになって通学していました。

 

 

そのうちやたら聞き分けの良い優等生も、
罪の無い子にプロレス技をかける不良も嫌いになりました。
荒んでますね苦

 

 

そうです、いじめる側・いじめられる側は、
その人の置かれた環境によってウソみたいにあっさりと入れ替わります。

 

 

このような環境を私は、特権階級ごっこと呼びます。
そしてそのごっこ遊びを疑わず身を任せる人は意外に多い様です。

特権階級は自分で作ろう

 

補足です。

 

 

私は『現実が真実』と考えますので特権階級を否定はしません。
むしろそれがあるので世の中は成り立っていますから。

 

 

ただ、特権階級ごっこに巻き込まれ、
自分自身が弱い立場になってしまう搾取(さくしゅ)されてしまう。
そんなことを感じたら5分でどっか行きましょう。

 

 

5分は無理にしても笑、
こっそり、どこかで自分だけの為の理想の未来をつくり上げるのです。

 

 

そうです。特権階級は自分で作れます。
それは心が自由であればどこにでも行けるし何だってやれます。
ひとりになって少し考えて行動するだけでその環境は実は整っています。

 

 

早ければ早いほど良いし
遅すぎることもありません。

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?