日本を脱出したい人は一度海外で凹んで下さい。

 

 

 

留学とフィリピン現地採用を経て、
そこそこは海外のことをお話しできる西野です。

 

 

日本に居ると、やっぱりビシッと黒髪に戻したくなるものです(^-^;

 

 

フィリピン渡航直後

 

 

帰国2週間後

 

 

 

3年前、私は『日本語だけで働いてる場合じゃない!』
という気持ちが脳内でズガーンとはじけたことで、
他は何も考えず日本という国を飛び出すことにしました。

 

 

根拠のない自信なのか強がりなのか、
自分でも良く分からない何か熱いものだけが頼りでした。

 

 

初渡航は4月。その時期現地は夏真っ盛りで、
空港に着いた途端に暑さをムワっと感じた事だけは覚えています。

 

 

そのあとは冷房の効きすぎたバスに揺られ、
いつの間にか目覚めるとお世話になる留学校に到着していました。

 

 

 

同じ地球上の夜空。今まで見たことがない数の星があって、
『やっとここまできたかぁ…。』そんな能天気な気持ちでした。

 

 

不遜ですね(^-^;。
そのくせ何も成し遂げていない。

 

 

英語が話せるようになったかと思えば、
色んなことに気付いたり落ち込んだりしました。

 

 

1か月もすれば気付けます。
『自分は過信するほど日本を捨てきれない。』

 

 

3ヶ月もすれば思い知ります。
『自分は母国を飛び出したわりに行動指針がない。』

 

 

そして1年半が経つとこんなに凹みます。
『自分の人生って一体何なんだろ…?』

 

 

勉強も仕事も人生も、
日本を脱出するだけでは結局解決しないのです。

 

 

それでも日本を脱出してまで選択した行動には、
拙いなりにも大きな意味があります。

 

 

すべてが解決されることはないにしろ、
人生の通過点として『人の幅』を広げる貴重な時間です。

 

 

 

『幅』とは、価値観や生き方のことですね。

 

 

 

たとえば私が例だと、
働き口は日本に居るだけのときと比べると、
その選択肢の数は大きく違うようになりました。

 

 

日本を脱出したことで『今まで日本に生かされてきた』ことに気付けますし、
海外で何かを経験すると『日本だけに生かされる窮屈さ』から解放されます。

 

 

 

実はメリットだらけなんですよ。日本脱出って…。

 

 

 

根拠のない自信と強がりさえあれば、
誰だって人生の幅が広がっていきます。

 

 

TOEICや英検。私は日本だけで生きてきた時代、
この点数で人生の勝ち負けは決まると思っていました。
いや…そう教育に思い込まされていました。

 

 

いざ、海外に出て行きます。

 

 

TOEIC800点の女の子が、英会話の雑談が続きません。
ウソみたいに『何じゃそりゃ?』…なお話を耳にします。

 

 

@:TOEICに一切興味は無いけど、英会話の雑談が2時間できる。

 

A:TOEIC800点獲れるけど、英会話の雑談が続かない。

 

 

自分が外資系企業の面接官だったらどうするだろう?当然
Aの人が会社に面接に来れば『何じゃそりゃ?』ですよね。

 

 

私は@を迷わず目指して、なることに決めました。
正直Aは、『後でどうとでもなる』って思いました。

 

 

どうやら『後でどうとでもなること』が、
今の就職・転職市場では大事にされるようです。

 

 

そんなことを教わらないまま自分は大人になって、
いつのまにかスーツにネクタイを武装してました。

 

 

そのまま違和感でも抱えて生きていれば、
そりゃあ3年も経てば考えも変わってしまいます。

 

 

 

『日本を脱出してやる!(ノープラン)』

 

 

 

そのうち日本が恋しくなったら、好きに帰りましょう。
それができる自由を手にすれば良いんです。

 

 

人生は続きます。

 

 

有頂天の時も、どん底の時も、
地球は知らん顔でドンドン回っています。

 

 

一国の国王だろうが、無職ニートだろうが、
平等に『時間』というルールが敷かれています。

 

 

この『時間』というルールのもと、
『日本を脱出してはいけない!』ということがあるなら、
そんなのフェアじゃありませんよね?

 

 

私は留学を決めた直後、一度父にこう言われました。
『今が辛いからって現実逃避するな。』

 

 

日本を脱出しても、同じ現実ですよ?

 

 

くどいですけど、脱出したけりゃすれば良いです。
今は地球で暮らしていける時代ですから。

 

 

文句を言ってくる人がいるなら、待たせておけば良いです。
『自分の行動は、間違ってなんかいない!』と証明できるまで。

 

 

唯一、『時間』だけは私たちを待ってくれないのですから。

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?