トップへ戻る

 

 

大喧嘩!そして、反省…。

 

 

2022年11月13日

 

 

またまたご無沙汰の西野です!
在宅日本語講師として、がんばっています。

 

 

 

さて、今日はちょっとグチっぽくなります。
…というよりは、事実報告?モラハラ案件?…そんな、お話。

「『間違いです』と言ってください!」←は?

 

タイトルどおり実は最近、私は「アルオトコ」と大喧嘩をしました。
日本語教師になってから初めて同僚と喧嘩した、記念日です(^^;
その「アルオトコ」を、仮にBさんとしましょう。

 

 

 

このBさん、やたら声がデカく威勢も良い。スポークスマン向けですね。
でも、論理が全然通用しないおバカさんです。
口論のときの会話は、こんなカンジ(詳しい内容は割愛しています)。

 

↓↓↓

 

わたし「…ですから、…わけで、…なんです。」

 

Bさん「や ちがうでしょ!それは間違ってるんです!」

 

わたし「確認のため○○に問い合わせましたし…。」

 

Bさん「間違ってます!」

 

わたし「う〜ん、そうですか?間違ってないと思いますよ。」

 

Bさん「間違いです!」

 

わたし「そんな!ハッキリと『間違い』ですか。」

 

Bさん「間違いです!!『間違いです』と言ってください!

 

わたし「…(何だコイツ)。」

屈辱、極まる。

 

こういうのと水掛け論になると、呆然とするものですが、
さらに、この後からがスゴい。

 

↓↓↓

 

わたし「…。」←放心状態

 

Bさん「あなた、そんなんで大丈夫ですか!?」

 

わたし「はぁ…。」

 

Bさん「返事は『はい』でしょ!」

 

わたし「… … (チッ)。はい。」

 

Bさん「そんなので、よく今まで社会人をやって来られましたね。」

 

 

 

 

 

 

冗談じゃない。ふざけんな。

 

 

 

 

 

 

補足をしておきますが、このBさん、上司でも何でもないです。
だから忖度する必要もないし、膝を付いてひれ伏すことなんか絶対しない。

 

 

 

ここで、間違ってもしてはいけないのは「Bさんと同じ言動」。
内容に関わらず他人を否定し続けるだけなら子どもにもできるし、
他人の過去にズケズケ介入して人格否定するなんて愚の骨頂です。

 

 

 

耐えましたよ。ただ、悔しかった。

 

 

 

何が悔しいかって言いますと、
こんなのに、論理と人格を否定される…。屈辱の極みです。
ZOOMじゃなかったら拳が出たかもしれない。そのくらい悔しい。
論理を使えないバカにここまで言われるなんて…。許せません。

 

…グチャッ!

 

ここで一句

 

 

秋深シ

 

ZOOMに 谺ス

 

大目玉

ちょっと反省文

 

働いていると色んな人間に出会うものです。在宅も例外じゃない。
本件は、私の「社会人」生活のなかでワースト5に入る屈辱です。

 

 

 

ただ、良いコぶる気はないのですが、これも勉強。
いや、言葉を変えましょう。 踏み台ですね。
おかげでまた、少しだけ精神年齢が上がった気がします。

 

 

 

私もBさんのこと(≒論理が通用しない おバカ)をよく知りもせず、
色々と無礼なことを言ってしまったかもしれません。
だから、これからは言葉を選べるし、対応の仕方を変えられます。

 

 

 

幸い、味方も多いようで安心もできます。知恵に富む仲間たちです。
最後に勝つのは「知恵」だよねぇ。決して声のデカさや威勢じゃないよ。

 

 

 

しかしまぁ、喧嘩は良くない。
そして、学習者の試験日(JLPT)まで残り21日です。
こんなのに油売ってないで、指導に集中しよう。反省…。

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?