お金と人生に愛される方法はコチラで。

 

お金があるナシは、生きていれば常につきまとう話です。

 

 

かくいう私も退職して留学するまでは、
『どのくらいお金を持っていれば安心なのか?』
逆算して、そんなことばかり考えて行動していました。


常に保険をかけていると、思いきりが無くなる。

 

貯金

 

貯金

 

貯金…。

 

 

海外なんて初めてだし何が起こるかわからないから、
とにかく 『何となく 貯金』こんなことを考えていました。

 

 

たしかにこの貯金が、
現地での行動で思い切りの良さを生んだかもしれません。

 

 

しかし結局、現地で留学・生活していれば、
そんなことを考えずによくなりました。

 

 

…というより現地フィリピンでの暮らしが楽しすぎて、
お金のことを忘れていたのだと思います。
楽しすぎて留学期間を1か月伸ばしたほどです。
無職にも関わらず、延長料金を支払いました。

 

 

ちなみにその延長1か月が無ければ、
海外就職の夢は実現していませんでした。

 

 

『お金は、よろこんでパーっと使いましょう!』とは言いませんが、
自分の行動を制限するようなら、
変に尻込みせず思い切り自分で判断しても良いのです。

 

 

海外で就職したあとは当然給料をもらえるので、
お金の心配もしなくて良くなりました。結果オーライです。

 

 

しかも英語で仕事をする貴重な経験をしながらお金までもらえる。
身勝手ながら何て素晴らしい人生かと、人生そのものに感謝しました。
初めての感情でした。

お金は、精神安定剤ではない。

 

注意すべき点は、
お金は使う以上それを『取り戻す!』という
強い意志で行動することです。

 

 

お金は、精神安定剤ではありません。

 

 

…というより、
退路(逃げ道)を断てばもう『自分のため』でしかないので、
『勝手に体が、がんばる』のです。

 

 

予定調和も、自己満足も無意味です。
人間本来が持っている>『生き残るんだ!』という
『野性味』が、お金にも人生にも『救い』を生むのです。

 

 

キレイごとではありませんが、
『お金を持っていれば、幸せ。』
この考えの時代は、既に終わりました。

 

 

今は自分の意志と行動で、
情報を制することさえできれば、
活路はいくらでも見出せます。

 

 

お金が0(ゼロ)なら、喜んで借金です。
借金は悪ではありません。
その人の行動の助けとなる、貴重な心のエンジンです。
ただし借金のお金も精神安定剤ではありません。
そこをはき違えて堕落する人がいるので厳重注意しましょう。

カギは、やはり『情報』。

 

お金が無くて悩んでいるのは、
借金を悪と考えるからか、
どう行動を起こして良いかわからないからです。

 

 

そういう人は結局お金があっても、自由や幸せなど勝ち取ることはできません。

 

 

カギとなるのは『情報』です。
口コミでもインターネットでも、
新聞でも、雑誌でも…

 

 

アンテナをそこらじゅうに散らせば、
勝手に人間の野性味が目を覚まします。
『そうか!こんな方法があったんだな!』
ある日、不思議と道が開けます。

 

 

お金と人生に愛されたい人は、
無意識にこのテクニックを身に付けています。

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?