トップへ戻る

『人をいじるキャラ』とかいうド図太い人。

 

『人をいじるキャラ』とかいう図太い人。

 

 

 

2か月以上も前ですが、私が英語を教えた浪人生の進路は決まった頃かと思います。
あれ以降音沙汰ないので、結果は明るくないのかも。まぁ、それも人生です。

 

 

 

進路が決まろうが決まるまいが、学んだ知識はそのまま能力になりますので、
『失敗』をいちいちマイナスと考える必要は全くないと思います。

 

 

 

それよりも心配なのは、新生活のほう。
この時期、心機一転環境が変わっちゃう人が多いと思います。

 

 

 

大学生とかにはありがちなんですけど、
何とかして底辺な立場を避けるためにやるのが、『キャラ作り』

 

 

 

いわゆる、大学デビューとかいうやつですよ。
明らかに間違った自我が、カスタマイズされてしまいます。

 

 

 

そのなかでも警鈴鳴らしておきたいのは、

 

 

 

いじられる vs いじる

…について。それでは参ります。

 

 

 

『友達100人できるかな』←できたら鬱陶しいだけ。

 

 

過去をふり返る限り、私は『天然』と称されることが多かったのですが、
そもそも『天然』の定義自体よく解ってなかったので、
『じゃあ、お前らは全員人造人間なのか。』と考えていたくらいです。

 

 

 

そんな性格が災いしてか、そんなに友達は沢山できませんでした。
こっちから距離をとることもあったからだと思います。

 

 

 

それでも『友達が少ない』自分をイヤになったことはありませんでしたね。
むしろ今から友達が増えるかもしれない!国境関係なく。

 

 

 

30年ちょっとしか生きてきませんでしたが、
『友達100人できるかな』は、別にそんなに大事じゃないなと思うわけです。
逆に不自由で鬱陶しい。極端に言えばね。

 

 

 

『おれはこういうキャラだから!』はその人の限界。

 

 

人って結局他人が気になる生き物だから、
それがオーバーキル化して『いじる』とか『いじめ』になるでしょ。

 

 

 

誰だって『いじめられ』たくないから、
底辺に落ち込まないように必死で自分をカスタマイズする!
その間違ったカスタマイズの仕方が『いじりキャラ』とかいう、
意味不明・理解不可能なもの。

 

 

 

私が人生30年ちょっと教育機関や学校、社会を見回ってきたかぎりで、
特に自律が幼い若者はこんな『キャラ作り』に必死です。
(いい歳したオッサンですらいますけどね。←こういう人はもう末期)

 

 

 

『おれ/私は、○○なキャラだから!』
これは立派に自分で自分を『もう限界ですよ。』と決めつけているようなもの。

 

 

 

限界感じながら生きている人とは、関わりたくないな…。

 

 

 

『人をいじるのがキャラ』とは、いったい何様なのか。

 

 

人生で一度『人をいじるのが、俺のキャラだから!』
…って、面と向かって伝えられたことがあります。それも真剣な顔で。

 

 

 

それ口にできた相手のことは、今でも忘れられません。
どう考えてもそれ言える図太さは、私にはない。

 

 

 

もうね、『王様か。』と。
いろいろ思考停止してるか、限界なのかなと…。
たぶん、私が一生言える台詞じゃあないんだろうなと思いました。

 

 

 

私が言いたいことは、
『人をいじる』のも、「配慮してソレやってんのか?」ということ。

 

 

 

たぶんやってない。だから図太いまんまなんだよ。(当然悪い意味で。)

 

 

 

 

…で、犠牲者続出。
当事者は『キャラだから!』で済ましてます。
自分の快楽のことしか考えてない。これじゃ猿と一緒。人間ならもっと先進めよ。

 

 

 

王様どころか、『何様』だ。
…というお話。

 

 

 

勝手に自分に限界作って、間違ったカスタマイズはしないこと。
周りにそういう連中いたら、切り捨てること。これが一番。

 

 

 

新生活・新環境は慎重に (*^^*)

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?