トップへ戻る

フィリピンの食文化

 

食文化:フィリピン編

 

食文化は、その国でそれぞれちがいます。

 

 

中にはかなり個性的なものもあったり、
まぁまぁグロテスクなものもあったりと、
触れれば触れるほどおもしろいですね(*^-^*)

 

 

その国の食文化のお話です。
本記事はフィリピンです。


みんな大好きジョリビー

 

留学生当時、
海外に上陸したことが初めてでしたので、
最初の数か月は外出し遊びまわっていました。

 

 

まずよく目にするのはこのファストフード店・ジョリビー

 

 

友達はこのハチのキャラクターの笑顔が不気味と
言っていましたが、私はかわいいと思ってます笑

 

 

ファストフード店と言えばご存知マクドナルドですが、
フィリピン国民からすれば断然ジョリビーなのだそうです。

 

 

マックとの大きなちがいは、
ジューシーなチキンと、ライス、ホットスープのメニューが人気な点ですね。
私も現地での朝食として、お世話になりました。

 

 

美味。しかし、グロテスク?

 

テレビでも紹介されたことがある、バロット
詳細はふ化直前のアヒルのゆで卵です。
『ふ化直前』というだけあって、栄養価も高く、
まさに『生命をいただく』、ありがたい料理でもあります。

 

 

現地では自転車や屋台で、そこら辺のストリートフードとしても有名です。
まずこの『バロット』という言葉。調べるだけでも、

 

 

うげぁ〜

 

 

 

と、いう写真がいっぱいでてきます。
友人いわ『慣れないうちは目を閉じて味だけ楽しめば良い』ということでした。
どうしても『毛羽だった』(うげげぁ〜(^-^;)食感に慣れないひとが、
現地ですらいらっしゃるそうですが、まちがいなく美味しいとのことです。

 

 

これだけは当事手が出ませんでしたので、
次回訪ねるときはリベンジする予定です。

ローカルリッチな、水上レストラン

 

最後は水上レストラン
『今日はリッチにいこう!』
という気分の時には、毎度お世話になりました。

 

 

入口付近。本当にレストランなのか?笑

 

もはや、レストランじゃないです(^-^;

 

奥に見える藁の家は、バハイクボと言います。
バハイクボの中でごはんを食べました。

 

たくさん、鯉がいます。

 

バハイクボの中に、面白い絵画(?)発見。

 

 

 

 

 

↑写真でご覧の通り、ツッコミどころ満載のオブジェが、所々に見られます。

 

 

天気の良い昼間にランチも良し
美しい夕日を見た後、ライトアップされる夜の時間↓↓にディナーも良しです。

 

 

 

 

ひとり800ペソ〜1000ペソ
(¥2,160前後)くらいで、お腹いっぱいになります。

 

 

メニューは全てローカルフード。
レチョン・バボイ(豚の丸焼き)
シニガン(肉類・魚介の激辛スープ煮)
シズリン・シシグ(炭火で焼く豚の耳)
カレカレ(私の大好物。ピーナッツソースで和えた鶏肉・野菜)

 

ハロハロ(現地で大人気のデザート。女子は必見ですね。)
などなど…

 

 

 

なんだか、お腹がすいてきました笑
よろしければ、シンガポール編もご覧ください。

 

 

 

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?