食文化:シンガポール編

 

写真のマーライオンで有名な国が、
ご存知シンガポールですね。

 

 

この国は仕事で訪ねた程度で
がっつりと食文化をたしなむ時間が無かったのですが、
現地の様子も含めて、カンタンにお話しします。


シンガポール人は親切です。

 

シンガポールという国は、
隣国マレーシアより独立分離を迫られ、それに応じた歴史があります。
悪い言い方をすれば、『追放独立』した異例の経歴をもつ国です。

 

 

そのせいか、国民は『危機感とプライド』をもって日々を過ごしています。
道の途中で 『お腹が痛いよぉ』と困っている人を見れば、
周囲の人たちがこぞって心配したり助けを呼んであげたりするんだとか。
本当に、皆さん親切です(*^-^*)

中華がメイン。

 

こちらは都市から離れた、チャイナタウン。

 

 

当事現地でお世話になっていた代理店のおばちゃんに、
ごはんをおごっていただいたのがチキンライスです。

 

シンガポール5ドル(大体400円くらい)で、
バンバンジーやチンゲン菜もついてお腹いっぱいになります。
お店によるかもしれないのですが、
味付けもそこまでしつこい感じはなく次々とたいらげました(^^)

 

 

国民の7割前後が華僑(中国系)なので、中華料理は多いですね。
高級料理店では、チリクラブが美味しいです。

 

 

『日本』な部分も、あるのでご安心を。

 

 

オーチャード通りにある高島屋のフードコートでは、
うどん、和食が食べられます。とにかく人が多かった!

 

あとは、パンもたくさん種類があります。

マリーナ・ベイサンズ

 

ホテル最上階層に船が置かれたようなコチラのゴージャスなホテル。
これがあの有名なマリーナ・べイサンズホテルです。
ZIPの番組企画で、あの速水もこみちさんも訪ねていましたね。

 

 

この船のような最上階屋上はプールになっていて、
宿泊者のみ利用可能です。
『まるで空を泳いでいるみたい!』という例えは有名ですね。

 

 

ここ周辺は、特に夜景がライトアップもされて
景色がすごくキレイなのですが、

 

 

周辺のレストランがべらぼうに高い!!
ことが問題。

 

 

彼女と二人で食べたファストフードの
ハンバーガーや、ラーメンなどでも、
ふたり合せてシンガポール60ドル(4,800円前後)もしました(>_<)

 

 

その他周辺の高級日本食店や中華料理店などになれば、
200‐300ドルは普通です(ギョエー)
何だか食事で来てるお客様さんもセレブの様なカンジ…

 

 

『たまの贅沢』がちょうど良いくらいですかね(^-^;
(しょっちゅうだと金銭感覚が狂いそうです。)

 

 

スタバなどもあるので、ぶらりとお茶をしながら、
マリーナベイの景色をながめるのが一番良いと思います。

シンガポール文化について

 

先で述べたとおり、
シンガポールは独立の経歴が異例だったため、

 

 

『国のインフラ発展に力を入れるあまり、文化づくりに余裕が無かった。』

 

 

という説もあり『何がこの国の文化なのか』考えることが、
難しいという問題を抱えています。

 

 

ただ、

カタコト英語も、親切に聞いてくれる。

 

地下鉄もわかりやすく迷いにくい。

 

プライドを持って仕事もしっかりする。

 

 

これだけで十分、
この国の文化が出来上がるのも先々時間の問題かと考えます。
料理とは無関係ですが、シンガポール動物園は本当に素晴らしかったです。

 

 

 

お手透きならば、こちらも↓ぜひどうぞ(*^-^*)
参考:【食文化:フィリピン編

 

 

 

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?