Vol.1 『やさしい日本語』とは?

 

 

 

ブログの運営体系の変更にともなって、
ネットビジネスを凍結させて資格取得に励むこととなりました。

 

 

その具体的な内容は、
『本当の自由に向け投資し、対価の能力を得ながら進歩していく。』
…というもの。

 

 

要するにネットビジネスによる拝金主義に嫌気がさしただけです。
色んな闇を見ましたし、闇も与えてしまいましたし(意味深)。

 

 

TwitterやFacebookでもちょこちょこ公開していますが、
改めて表明しますと、今私が得ようとしている能力は、

 

 

 

日本語教育能力です。

 

 

 

ザックリ言うと『日本語の先生になるよー。』ってところですね。

 

 

今回から自分自身の理解度を深めることはもちろん、
色んな人に日本語のことをシェアしたいので記事にしていきます。

 

 

海外・語学に興味がある人はコチラ。
…にカテゴライズしても良いのかなとは思ったのですが、
記事量がこれからもっとも増える内容だと思いましたので、
別カテゴリーに分けて記事量産を行っていこうと思います。

 

 

『地球を職場に。日本語講師コラムズ』
まず記念すべき第1回は

 

 

 

やさしい日本語

です。

 

 

 

まずこの『やさしい日本語』の概要から。

 

 

 

『やさしい日本語とは?』

 

 

【内容】
普段使われている日本語より簡単にして、理解しやすくした日本語文章のこと。
日本語能力検定試験(JLPT)で3級程度の日本語能力をもつ日本語学習者でも
分かるよう言い換えたもの。

 

 

【背景】
1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神淡路大震災(震源地は兵庫県南部
および神戸市市街地。最大マグニチュードは7.3)の当時、日本語が不十分で
正確な情報を受取れなかった外国人がいた。
それを受け、弘前大学人文学部社会言語学研究室から提起された。

 

 

 

にわか知識ですので、控えめにまとめさせていただきました。

 

 

『簡単な日本語とは何ぞや?』って思われる人のために例を挙げます。

 

例):

余震=後から来る地震

 

避難所=みんなが逃げるところ

 

津波=とても大きな波

 

 

私はネットビジネスに躍起になっていた時期、
何度か『自然災害への懸念』についても語っています。

 

 

『住処・会社が倒壊すれば生活や仕事どころじゃないので、
パソコン一台でお金を稼いだり、情報発信できる資産を整えておくべきだ。』

 

 

当時の私はそんな事を発信しています。
その気持ちは今も変わりません。

 

 

付け加えて、
今は人と人をつなぐために『語学』も意識すべきと強調します。
もちろん、やさしい『日本語』だけにとどまることなく。

 

 

情報を制する者が勝つ。
これも私が以前書き綴った記事にある内容です。

 

 

これはそのまま、

 

 

 

『正しく情報を受け取れる人が生き残る。』

 

 

…と言えそうです。
これが『やさしい日本語』が提起された理由の一つでしょう。

 

 

ノマドで悠々自適に。

 

ネットビジネスで成功して毎日が日曜日。

 

雇われるなんてもう考えられない。

 

 

人の人生なので、そこは自由に大言壮語すれば良いのですが、
そうしている今もお国の東側で海洋プレートがギシギシいってるわけですよ。

 

 

もしもその歪みがいつか爆発したときに、日本人としてどう生きるのか?
…って、話。

 

 

『自分と自分の資産さえあれば良いや。』なのか、
『情報を正しく受け取れない人のために語学を習得しよう。』なのか。

 

 

『やさしい日本語』って背景や提起目的を追求すれば、
どんどん深くなっていくように思えます。

 

 

ただ、自分や身の周りに『万が一』が起こったとき。
日本人として恥ずかしい思いはしないように行動したいものです。




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?