トップへ戻る

他人に振り回されない、心をきたえる場所。

 

他人に振り回されない、心をきたえる場所。

 

母が本厄ということで、厄払いに家族で同行しました。

 

 

寝正月を越え果てしなくヒマを持て余していたので、
何か親孝行できないかと考えたところ、
厄払いに連いて行くだけでも良いのではないかと思いついたのです。


『気』は、バカにできない。

 

もともと、神秘的なものを信じることは無かったのですが、
『自分のため』と思えば、
ある意味信用に足ることかな、と今は思います。

 

 

『気』とか『オーラ』というエネルギーの例え方はよく耳にしますが、
『人の心』と解釈すれば、確かに人の人生や運気に影響はしそうです。

 

 

それは人間が、心の生き物だからです。

 

 

知識に富んでいる人

 

お金に詳しい人

 

世の中をよく知っている人

 

時代を先読みできる人

 

これら全ての人が幸せになる保証がなく、
一部では莫大な借金をしたり、捕まったりするのは、
やはり『人の心』が関わっているからとしか思えません。

 

 

論理性や合理性は確かに大切ですが、
素直に『良い心で、今日を迎えたい。』
そう心にきざみながら、大切な人と生きる『気』は、
抽象的ではあるものの、周りには伝わると思います。

 

 

理由もなく、

・アイツが気にくわない。

 

・この人に、ビビッと来た。

 

・あの人、何となく暗いから、無視。

 

 

そんな気持ちが芽生えるのは、
理屈ではないと思います。

 

 

『気』って、バカにできませんね(^-^;

お参りに行く=他人に振り回されない心を、きたえる。

 

私は単純に、
厄払いやお参りなどで神社を訪ねることは、

 

 

『他人に振り回されない心をきたえること。』

 

 

そう考えています。
なぜか?

 

 

まず、行事ごとになれば、
神社にはほぼ間違いなく多くの人が集まるでしょう。
そこにいる全ての人たちが、それぞれちがって持っているもの。
それは…

 

 

『呼吸』です。

 

 

ちがった『呼吸』が集まる場所。
それはつまり、他人の生き方が混ざり合って、
ちがった『呼吸』を持ち帰ってしまう可能性があるのです。

 

 

今回の『厄払い』も同じ。
『厄』と向き合って、自分の人生をどう変えたいのか。
厄払いに集まった人たちはそのことだけに集中して、
それぞれちがった『呼吸』を残していくのです。

 

 

この環境に真剣に向き合い、『自分の呼吸』を再認識し、
他人の呼吸に振り回されないようにトレーニングする場所なのです。

 

 

だから、真面目な人は神社を訪ねるのです。
(注:私個人の、思い込みですよ(^-^;)

 

 

さて、庭の椿もキレイに咲き天気も良く、
絶好の厄払い日和となりました。

なぜ、厄払いしたり、心をきたえるのか?

厄払いに同行して、ふと考えました。

 

 

『なぜ、こんなことを人は定期的にするのだろう?』

 

 

定期的に行う理由の一つは、
行事ごとであるから。

 

 

確かに、ド平日や日常に戻ってからでは、
ゆっくり考えて行動する時間や余裕はありませんね。
『行事ごと』にあやかるから、真剣に考えることができるのです。

 

 

そして、
悩みがない人間なんて誰もいませんね。
だから悩みを共有しに、神社という一つの場所に行き、
『所属欲』を満たすのです。

 

 

『厄払い』に限りませんね。

 

 

私は、国内に限らず海外にも活動範囲を広げたいので、
普通に考えれば、危険が及ぶ可能性が高まります。
日本ほど、治安の良い国はありませんからね。
(一部では悪いかも知れませんが。)

 

 

それに時事にあやかるつもりはありませんが、
世の中はますます、どう転んでしまうのか分かりません。
私は私の仕事をするだけなので、
どうしても手が回らない分野・出来事などはありますが、

 

 

この国がどう傾こうと、
どこかで箸か棒に引っかかる能力は身に付けたい。

 

 

これは、
海外就職に向け単身渡航したり、
ネットビジネスで活動したりと、
我ながらその行動に表れています。

 

 

いずれにしても、
厄払いに限らず、『自分らしさ』をしっかり持って、
どう転んでも芯の部分は強く居れるように、
心をきたえる。

 

 

↑↑↑
そのためには、他人が多く集まる神社は、
最適のトレーニング環境だと思います。


間違った心で行った行動は、アッサリと自分を裏切る。

 

『厄払い』に神社を訪ねると、
100人単位で祈祷をしてくれます。
待ち時間は100人当たりで、25分ずつでした。

 

 

この中に、
一体何人の人が真剣に厄払いに集まったのかは分かりませんが、

 

 

『ただ何となく来てみた。』
そう思い、ただのヒマつぶしか『所属欲』だけで
その場に居合わせた人もいたかもしれません。

 

 

残念ながら、
何となくで行った『厄払い』には、
効果があるとは思えません。

 

 

『厄払い』という目的はあるのでしょうが、
『厄払い』自体が目的化してしまっているようでは、
払う厄すらも、明らかにならないのです。

 

 

考えなく行った努力が、平気で裏切ることと同じように、
ただその場に居合わせて目的化した『厄払い』なら、
その人は心に潜んでいる『厄』に、いつかやられてしまうでしょう。

 

 

間違った行動は、いつか自分を裏切るのです。

 

 

だから、『最悪の事態を考えるクセ』は、
どこかでつけておいた方が良いですね。特に厄払いの時は…。
(もちろん、考えすぎは良くありませんよ。)

 

 

 

追記

 

 

厄払いの前、
母が行きつけの喫茶店に連れて行ってくれました。
自分が書いた水墨画を見て欲しいと言うのです。

 

 

今時の喫茶店にしてはめずらしく分煙がされていません。

 

 

 

 

入店したとたん、タバコとコーヒーの混ざった匂いがします。
何だか大学生のころのバイト先を思い出し、懐かしい気持ちになりました。

 

 

母の作品が、何種類か展示されていました(*^-^*)

 

 

 

母は趣味が多いぶん、
どうしも家事に充てる時間が弊害になるようなので、
毎日遅くまで起きては朝から夕方までバタバタとしています。

 

 

『最悪の事態を考える』クセが行動にも、発言にも出る母なので、
厄払いはとても効果的だったと思います。

 

 

そして、母の厄が払われることは、
私たち家族や母の友人たちの厄も払われるということです。

 

 

そうか、そう考えると、
『厄払い』とは、繋がっている全ての人たちの厄を除くことでもあるんだな。
そんな気持ちになりました。

 

 

自分や周囲の厄も除き、心もきたえる。
他人に振り回されて新たな『厄』を持ち帰らず、
自由で、幸せになれる『呼吸』を、会得したいものです。

 

 

 

 

 

【併せて読まれている記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?