肖像権くらいは守って、ブログ運営しろ。

 

↑顔がぶっ潰れてますが、です。

 

 

 

ネット上はトラブルの温床です。詐欺に掲載にツイートに…。
対人関係でちょっとトラブルがありましたので、そのお話を。

 

 

 

私は顔出しNGが信条ですが、ある日から某ブログで、
何と勝手に私の顔写真が載せられてました。
前もって連絡があるなら許せますが、それもナシ。何様だ。
本当に図太い人間は、徹底して図太い…。知り合いになったことを後悔しました。

 

 

 

その一部始終です。

『肖像権は承諾されんだろ?』vs『受忍限度』

 

無許可で自分の顔写真がネット上に載せられてたら、どうでしょう?
気の許せる間柄なら、まだ良いです。ただし私の場合は不愉快なケース。
その人のブログどころか、人生の一部にもなりたくないです。

 

 

 

気になったので調べました。『コレって、良いのかよ怒!?』

 

肖像権とは

 

本人が処分できる権利。許可する,禁止する,条件付きで許可する(販売するなど),のいずれも可能。なお,明確ではなくても,黙示的に承諾した,と解釈できる場合もある。(引用:弁護士法人 みずほ中央法律事務所

 

なるほど、被写体の許可がなかろうが、『肖像権は承諾されてんだろ〜』…と、
勘違いするおバカさんは出てきてもおかしくなさそうです。

 

 

 

…でも、被写体(ここで言う私)が持ち合わせているものが、受忍限度
それされた人は、ガマンできるかってお話。私はできません!

 

受忍限度とは

 

社会生活を営むうえで、騒音・振動など、あるいは人格権の侵害や公害訴訟において問題となるもので,その被害の程度が、社会通念上がまんできるとされる範囲。これを超えると加害者が違法とされることがある。(引用:コトバンク諸辞典)

 

私は社会通念上、他人から勝手に顔出しされることを『被害』と考えますので、
『勝手にブログに顔出し行為』は受忍限度を越えていることになります。

 

 

 

よし、ここはいっちょ、解らせてやろ!

 

 

 

正直メールを送ることすらイヤだったんですが、
好きなように自分の写真を載せられてるのもムカつくので、しました。

『消せ』っつってんのに…。

 

1通目のメールを管理者にダイレクト送信。
『肖像権くらいは勉強して下さい。(中略)該当記事の削除願います。』

 

 

 

数週間様子を見ても変わっていないので、2通目。
『法的措置を取りますよ。(中略)良心に従って運営して下さい。』

 

 

 

それでコレ。顔だけふざけた外観にして潰されてました。

 

 

 

こりゃ、明らかに悪意だ笑 相手にするだけ本当にムダだと解ったので、あきらめました。

 

 

 

『削除しろ』っつってんのに、2回忠告してコレなのでね…。
注意喚起しようが見過ごそうが、のっけから『配慮する気はない』ようです。

 

 

 

余談+蛇足ですが、
この某ブログサイトの目的は『自由』や『旅』をモチーフにした雑記のようです。
(私のブログ指針と若干被ってるのも、不愉快。)

 

 

 

やりたいので、こうやった。』レベルの内容ですから、社会的貢献度も低いです。
中途半端で目障りな広告がチラつくので、営利か非営利なのかもよく判りません。
(不覚にも営業妨害にならないよう、URLは載せません。念のため。)

総観:『まぁいいや。』

 

結局2通に渡る精一杯の『忠告』もむなしく、
私の面白くも何ともない顔色塗り潰しがネット上にデビューしてしまいましたが、

 

 

 

今思い返せば『記事ごと消せ』という私の主張もいきすぎかなと。

 

 

 

『自由』や『旅』をモチーフにする管理者が一番やりたくないことって、
やたら『仲間』とか『充実』と形容できる写真記事の削除なのでね。

 

 

 

だから『お仲間』がいっぱい写った写真のなかで、
唯一私の顔色だけが変(こんにゃろ怒!)でも、気にしない。

 

 

 

私も甘かったんですけどね。彼がこんだけ図太いことを見抜けなかった。
出会った最初は良い顔してましたよ。きっとナメられてたんだろうな。

 

 

 

そんな彼も、私と同じく自由を愛する、社会不適合者の30代。
歳は上だろうが配慮ができない、いい歳のオッサンはゴキブリ並みにいます。

 

 

 

 

さて、総観。

 

 

 

 

もうここまで来れば『まぁ、いいや。』ですよ(^-^;
そいつの自由。私も自由主義者ですし。勝手にしろ。

 

 

 

私の肖像権なんて侵害されても世界は屁とも思いませんしね笑
勝手に私の顔写真を載せた管理者の彼も、そこんところ、考えたはずです。

 

 

 

彼は彼なりに、勝手に必死に楽しい人生を世の中に提供してます。
自己満足だろうが、特定の人間に不愉快を与えていようが、です。

 

 

 

『肖像権だぁ?受忍限度だぁ?オカマみたいな事言ってんぢゃねーYO!』
『俺はやりてぇようにやってっから、こうなったんだYO!お前に関係ねぇだろーがYO!』
…ってな、ところでしょう(こういうことを言及するのがオカマっていう定義自体そもそも謎。)。

 

 

 

それでも人は人。権利はもちろん、耐えられないこと、絶対あります。
他人の肖像権や受忍限度くらいは『配慮』できるのが良識だと思います。
クソガキだろうがオカマだろうが、大人だろうが…関係なく。ね。

 

 

 

 

【追記】

 

 

2018年5月現在。ゴールデンウィーク。
そう言えば去年の今頃はフィリピンの彼女宅でのんびりしてました。
今年は子犬が産まれて賑やかだと写真を送ってくれます。

 

 

 

一方私は相変わらず会社に属さずストレスフリーなので、
今年はいよいよ自分に厳しくしました。

 

 

 

能力習得に向けて、試験勉強に充てています。
日本語教育能力を測るための大切な試験です。

 

 

その延長で、本屋で購入したJLPTも試し解きしました。
こっちは外国人学習者たちが受ける日本語能力試験です。
案外日本語教育のためのヒントになります。

 

 

私が本稿みたく書き綴ったしょうもない対人ストレスの間も、
必死に勉強している外国人学習者がいる…。ちょっと情けなくなりました。

 

 

 

次稿は『勉強がんばってますよアピール』でも、しましょうかね笑

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?