稼げるようになったら…では負け戦。

 

サラリーマンが3ヶ月を食いつなげる貯金しかない。

 

 

私がネットビジネスでやっていくことを
決意したときはこんな状況でした。

 

 

人生詰んだと思いましたね(^-^;

 

 

しかも未踏の分野。
石橋を叩いて叩いて叩きまくって進もうとしていると、
『すでに負けている』ことにも気付くことができました。


すでに負けている。

 

最後の会社で即日退社を言い渡された私には、
大きく二つの感情が混ざり合っていました。

 

『せいせいする。』

 

『おい、ちょっと待て。本気か?』

 

 

最後はこんな感じです。
『お〜い、出て行くよ?良いの?誰も止めないの?』

 

 

ネットビジネスでやっていく。
自分で自由に稼いで生きていく。

 

 

こう病床で決意したものの、
頭が回っていなかった判断だったのでは?

 

 

優柔不断とは正にこのことで、
いざ未踏の分野に踏み込む前には
びびって足がすくんでいたことは自分自身で解りました。

 

 

結局留学を決意したときや、
フィリピンでの勤め先を辞めるときと同じです。

 

 

人生の負け戦に挑んでいると解れば
『これ以上学ぶものはない。』

そんな傲慢な気持ちでその場から逃げ去り、
行く先々で最後はびびって逃げ出す。

 

 

こんな自分が惨めでカッコ悪く思えました。

 

 

それでも考え方を180°変えると
人間ムリヤリ前を向いて突き進めるものです。

 

 

そもそも負ける勝負をしていたのであれば、
早々に見切って良かったんです。

 

 

ブラック人事や肩書駐在員に媚びてまで
必要のない努力を続けていたこと自体が
負け戦だったんです。

 

 

そして、『そのうち何とかなるさ。』と
能天気に構えて日々を過ごしていたことにも
気付くことができました。

 

 

そうです。

 

 

負け戦にわざわざ付き合っていた時点で、
既に『負けていた』のです。

ネットビジネスでは、『大きく踏み出す』。

 

思い返せば、
見栄きりのように行動を起こしていました。

 

・『日本語だけで働いている場合か?』⇒ 留学

 

・『留学したは良いけど遊んでるだけか?』⇒ 海外就職

 

・『こんな連中に媚びてでも長居するのか?』⇒ 帰国

 

・『人間関係を諦めるつもりか?』⇒ 転職

 

大きく踏み出せていたのかは解りませんが、
結局その時々で自分の問題を救ってくれたのは行動でした。

 

 

『何も長続きしない』と片づけられたらそれまでですが、
行く先々が私の人生の清算所ではないだけです。

 

 

ネットビジネスを始める前、
一度ある人に言っていただけたことがあります。

 

サラリーマンはリスクと失敗を極度に恐れる。
そして起業家は度胸を頼りに失敗を覚悟で積極的に
リスクを取りに行く。

 

恥ずかしながら当時サラリーマンとしての生き方しか
できなかった私には当然考え付きもしない思考でした。

 

 

恥ずかしいと同時に情けない思いでいっぱいでした。
結局『ネットビジネスで稼げるようになるまで…』

そんな安全牌を待っている考え自体がサラリーマン思考でした。

 

 

サラリーマンだった私にはあまりにも大きすぎる一歩だったのです。

 

 

『それでもあきらめたくない。』
これが私のファイナル・アンサーになりました。

システムを築き『勝ち戦』を実現する。

 

たしかに私のような『見栄きり行動男』には、
『長続きしない』・『往生際が悪い』という
レッテルがついてしまうようです。

 

 

しかし悪運が強いためか、
私には理解してくれる家族と友人がいました。

 

 

それでも事実、帰国した後も
『良い時期に帰ってきて良かったね。』
『お前に共感する人はきっといる。』
彼・彼女らはそうやって受け入れてくれたのです。

 

 

風当たりが悪い事と併せると
アメとムチとは正にこのことです。

 

 

会社にいれば『10割罰ゲーム』・『10割ムチ』
だと表現していたくらいでしたから、
皮肉にもその状態が最もバランスが良かった
とも言えるかもしれません。

 

 

世の中には『親』や『生い立ち』が
選べない人がいます。

 

 

もちろん、私自身もそう嘆きたい点が
ありますが、理解者がいてくれただけでも恵まれており、
その点に感謝すべきだと常々自分で思っています。

 

 

そして、サラリーマンという生き方をやめ、
未踏のネットビジネスの世界に踏み込むことは、
一見退路が無くなるかの様に思えますがそうではありません。

 

 

結局『人とお金を集める』システム作りが
必要とされることは、『社会人』として同じです。

 

 

会社員ではなく個人でその能力を身に付けるだけなのだと
考えると、すごく意味のある世界だと考えるようになりました。

 

 

しかも収入自動化という自由を実現すれば、
自分の意志を継いだブログサイトが24時間365日、
営業をかけてくれる、自分自身にとっては『本物の自由』。

 

 

当事は稼げる稼げない無関係に
『勝ち戦を始めるにはコレだ』と即座に思いましたね。
もちろんこれからもドンドン稼いでいくつもりです。

 

 

 

追記

稼げることが実現すると…。

 

 

 

サラリーマンは会社に属しています。
当たり前ですが、会社から給与を貰います。

 

 

これは自分の資産を持っていないということで、
自分から生み出したものはゼロ:0と考えても
ある意味正解でしょう。

 

 

もちろん、『会社でのがんばりがお金を生んだ』
と表現できるかもしれませんが、ある日会社が
無くなればあっという間に何も持たない
『ただの人』になってしまいます。

 

 

ネットビジネスで稼ぐことができると、
考え方がごっさり変わります。

 

 

ある日、日給で2万円前後の売上があがると
改めて自分で構築した資産の価値を確信できます。

 

 

もちろんその資産構築までには
手を差し伸べてくれた人のサポートや、
家族・友人たちの励ましや理解が不可欠でした。

 

 

恐縮ながらその人たちを抜きに考えると、
自分自身で構築した資産がちゃんと『人とお金を集めることができた』
そう改めて実感できるのです。

 

 

その価値は日々今も書き綴ったこの文章に心を寄せて
下さっている人がいれば立派に証明されます。

 

 

これはいかなるリスクをも解消できる
もっとも価値がある確信でした。

 

 

もちろん落とし穴もあります。
『自分が特別』などとは決して考えない事です。

 

 

自分が特別など勘違いし、名言など考えるヒマが
あれば常に行動することをお勧めします。

 

 

それはネットビジネスに限らず会社でも同じ
ことだと思いますが、仕事の基本姿勢は共通ですね。

 

 

 

 

 

【併せて読まれている記事】

 





無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?