ブログ記事100記事までの道のり。

 

ブログサイトを運営するうえで、基本になる作業が『記事作成』です。

 

 

これまたやったことがない人にとっては、
気が遠くなる作業が、『100記事書く』。

 

 

検索エンジンに評価してもらい、
一人でも多く自分のサイトに訪問していただくためですね。

 

 

ところがこの100記事。
やったことがない人でもできるんです。
『できる』から『続く』んです。


まず30記事書いてみる。

 

ブログサイトの設立
便利なサイト作成ツールがあれば意外にあっさりできます。
有料であるものに投資するほど、その作業は早いです。

 

 

では、いよいよ記事を作成する段階に入ったとします。
『小学校のころ作文用紙2枚でもギブアップしてたのに…。』

こんな人は初めて記事を書くとすれば800字くらいが限界でしょうか。

 

 

まずブログサイトを立ち上げたあとに
基本中の基本となるのが『毎日更新』です。

 

 

つまり、一日最低一つは何か記事を書かなくては
いけないんですね。

 

 

『1日1記事』これをがんばって1か月続ければ、
30記事ができあがりです。

 

 

言うは易し(^-^;
やったことが無い人にとっては本当に大変なんですよ。

 

 

特に私などは店舗接客、製造管理が元の畑だった人間
なので、長々文章を書くことは苦痛でしかありませんでした。

 

 

それでも
『このビジネスを必ず確立させてみせる。』
この気持ち一つでやれましたね。

 

 

今はじめの30記事を読み直してみれば、
『おい。もうちょっとがんばれるだろうよ。』
そんな気持ちになりますが、

 

 

それもそれで初心に帰ることができる愛おしい財産です。

 

 

面白いのは記事更新に『練習』などないことで、
書いた記事一つひとつが『本番』であることです。

 

 

『本番』つまり実践に勝る修行はありませんね。

次の山は、50記事。

 

30記事がんばって続きました。
では次と言わんばかりに容赦なく目標を掲げていきます。

 

 

50記事にさしかかるあたりで、
誰しもが経験する壁が現れます。
そう、『ネタ切れ』です。

 

 

遂にがんばってフル回転させてきた脳が、
オーバーロードを起こすんですね。
これには、まいります。

 

 

世間から見た私はニートだが、社会人時代以上に
パソコンの前に座って作業してるんだぞ?

 

 

ところがまだまだお金を稼げる段階ではありません。
これは思っているよりも大変だ!大丈夫かな?

 

 

…と、自意識過剰を走らせるのはここまでにしましょう。
ここで頭に入れておくべきキーワードが、
『どうせ、誰も読んでない。』です。
(泣きっ面にハチでしょうか(^-^;)

 

 

壁が高いことは始める前からわかっていたので、
成功例だけ眼中に入れて、結果も他人からの雑音も
全て『あっそ』で済ませて下さい。

 

 

『変わらない結果や周囲の雑音よりも、
目の前のことを一歩一歩よちよちクリアする。』

 

 

これがネットビジネスを継続するマインドセットです。

 

 

毎日がいよいよ苦しくなりました。
じゃあまる1週間休んで遊んでしまいましょう。

 

 

すると面白いことにまる1日だけしか遊んでいない
2日目の翌日には『あ 何か書けるかもしれない。』
そんな予想外も訪れます。

 

 

まる1週間遊ぶと心に決めていたならそれも良いです。
だって私たちは何者にも干渉されず自由を実現するシステムを
目指しているのですから。

いよいよ100記事。

 

100記事を達成するためには、
そのまんま『継続』です。ひたすら継続。

 

 

先述したとおり脳みそがオーバーロードしたら
思いっきり『休ませる』。それも作業の一つです。

 

 

たまには違う分野のことを勉強したり、
記事更新以外の作業に手を付けても
自分の成長につながるわけです。

 

 

どっちに手をつけても得するのでオイシイ状態とも言えます。

 

 

私は1日2記事を目安に書いていましたが、
当事は75記事までは1記事1000字前後程度だったと思います。
それ以降は1記事3000字前後書くようになり、
1か月半ほどで100記事を達成しました。


実はこれでスタートライン。

 

やっとの思いで達成した100記事。
ひとまず目標を達成しました。
ここでまた一つ。心に留めておきたいこと。

 

 

『これでスタートライン。まだ誰一人読んでない。』

 

 

…もう泣きそうになります(^-^;
『誰一人読んでいない』は誇張し過ぎですが、
それくらいの気持ちでやっていった方が良いでしょう。

 

 

なぜこれほどまでにわざとストイックを演じるのかというと、
『自分を守るテクニックだから』です。

 

 

つまり、
『期待を裏切られた時の自分のメンタルをやわらげるため』

 

 

何だかんだで人は期待します。
人は弱く、愚かなんです。

 

 

ネットビジネスを継続『した気』になっている
心理状態が危険なので、とことん自分を最底辺に
追い込むことこそが継続のカギです。

 

 

そもそも、『期待通り』ほど危険な状況はありません。

 

 

75記事くらいを書いていれば、
アクセス解析や表れない結果を通じて、
誰に教わるまでもなく気付いてしまいます。

 

 

『ああ、これ100記事達成しようが何も起こらんわ。』

 

 

できればこの気持ちは早いうちに心に落とし込む
べきですが、『がんばっている』感が強い、
作文が苦手な人はなかなか受け入れられないようです。

 

 

ネットビジネスで9割以上の人が月に5000円以上を
稼げない理由は、『そこで自分のメンタルを守る術を知らないから』
だと言えます。

 

 

100記事達成。…だから何?

 

 

そんな気持ちで次々『目の前のことをよちよち』
続けていけば、実は忘れたころに成果が表れたりします。

 

 

 

追記

一体どのくらいまで記事書けば良いの?

 

 

 

ブログサイトアフィリエイト。
これが私の運営しているネットビジネスのスタイルです。

 

 

何も知らないところから手を差し伸べてくれた人がいて、
理解者が受け入れてくれるからこそ
運営できるまっとうなビジネスです。

 

 

私も含め、初心者の段階では誰しもがこう考えます。

 

 

『…で、結局いくつ記事を書けば良いのよ?』

 

 

いかにも『記事を書かなくて良くなるのはいつだ。』
と聞かんばかりです。

 

 

補足ですが、私は月に100、最大でも300万円を
稼ぎ出すフリーランサーの人が、今もなお記事を
更新し続けている事実を知っています。

 

 

その記事数は400をゆうに越え、
当面の目標は1000記事だそうです。

 

 

勝手ながらこれは私の憶測ですが、
その人は1000記事を達成したとしても、
『次は3000です。』と涼しい顔をして言うかもしれません。

 

 

それだけ人の発射、連射できる言葉には
無限の可能性があるのです。

 

 

どこぞのブログ記事やニュースサイトのまるごと
コピペなんぞに手を付けなくとも、
十分に自分自身の言葉で情報発信できる能力を
人間は本来兼ね備えていたということです。

 

 

西暦でも2000年ちょっと。
人類の『言葉の引き出し』はどこまで増えるのでしょう?

 

 

それは現在進行形で顔も見ぬ人たちが次々と学び、
進化を手伝うように今も積み上げ続けています。

 

 

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?