ネットビジネスで成功 『したい』 ではなく、『する』。

 

家庭や個人のご都合で、ネットビジネスを始めようと
する人は増えてきていると思います。

 

 

始める前に誰にでもあります『最初』…。
同じ道を通ってきた私も感じていました。

 

 

『これで成功できるのだろうか…?』


『できる』から『ある』。

 

ネットビジネスを運営されている人には在宅に限らず、
パソコン1台で場所や人間関係のストレスから解放されて
まっとうに稼いでいく考えの人もいらっしゃるでしょう。
私もその一人です。

 

 

『まっとうに稼いでいく。』
これを根本から理解に努めようとする人はまず、
ネットビジネスの本質から学ばなければいけません。

 

 

そして、0(ゼロ)から1を生む。
つまりは『稼ぐ』ことがいかに難しく、知恵と作業を巡らせていくことなのか、
身体で理解し心で上質に仕上げていきます。

 

 

そして『1』を生むだけが『成功』でも
何でもないことを、誰に言われるわけでもなく
理解されています。

 

 

ネットビジネスが『わからない』人
ネットビジネスで『稼げない』人
ネットビジネスで『自由になれない』人

 

 

苦悩は様々です。それでもなぜ、
ネットビジネスとは存在するのでしょうか?

 

 

理由はカンタンです。それは、
ネットビジネスで成功した例があるからです。

 

 

物事は『ある』から『つづく』。
逆算すれば、『できる』から『ある』のです。

がんばろうとする人の足をひっぱるな。

 

『できる』から『ある』ネットビジネス。

 

 

会社にいけば必ずある人間関係に、
ムリヤリ合わせる不自由な環境を見切り、
自分の意志を100%反映させることができる仕事。

 

 

自分の人生を真剣に考え、自分の意志で行動
したい人であれば、ぜひ手を出したいと思います。

 

 

そんな仕事で成功している人がこの世にいるので
あれば、ぜひそのネットビジネスに参入したい!

 

 

私はまさにこんな心境でネットビジネスを始めました。

 

 

脳みそがよじれそうなくらいイヤな思いをしてまで
ようやく翌月にもらえる20万円よりも、

 

 

自分の意志と行動が確実に反映されたシステムで
稼ぐことができる20万円の方がはるかに愛おしいものです。

 

 

その愛おしい同じ20万円のためなら、
会社を辞めたあとはいくら引きこもってでも、
惨めに思われてでも成功させるつもりでした。

 

 

体よく言えば、
『がんばりました』(^-^;(?)

 

 

きっとこうやって『がんばっている人』は
たくさんいるでしょうし、今この時間にこの文章を
読まれている人にも、

 

 

『うん、解る解る。』

 

『ふっ、その程度か。』

 

『まだまだだね、私の方が!』

 

 

そうやってネットビジネスの成功に向け
日々努めている人もいらっしゃるでしょう。

 

 

しかし皮肉にも、
そうやって自分を信じてがんばっている人に
水を差すような人間もやはりいるようです。

 

 

ネットビジネスを運営していると、日々
過剰ともいえる量の情報を目にします。

 

 

それは自分で求めたものだけでなく、
『おすすめ記事』・『おすすめニュース』として
目に飛び込んでくるものもあります。

 

 

その中に危機感だけやたらあおる人はいます。
『そのうちネットビジネスは頭打ちになる。』

 

↑↑↑
『いやいや、それでもあなたは止めないんでしょ?』
私はそんな気持ちでこの人の記事を読みました。

 

 

しかも締めの文章は、
『まぁ、やってみても良いと思いますけど。』
一体何が言いたいのか解りません。

 

 

ネットビジネスは流行り廃れが早く、
稼ぐことができたとしても心休まる日が
ないかもしれません。孤独かもしれません。

 

 

ですが、がんばっている人の足を引っぱったり、
情熱に水を差すようなことはすべきではないと私は考えます。

成功するための『コツ』

 

私自身、『成功』という言葉にすら
危機感や警戒心を持っていますので、
声高に『成功』などと口にすることすら好みませんが、

 

 

やはり『わかりやすさ』がビジネスの価値
ではあるので、『成功』と『失敗』を引き合いに
して、色々考察して参ります。

 

 

では、私なりにネットビジネスで『稼ぐ』こと
が『成功』ということなのであれば、いくつか
提言できることがありますので、ご参考までに。

 

 

【ネットビジネスで成功する『コツ』】

・『したい』ではなく『する』と考える。

 

・他人の雑音に一切耳を貸さない。

 

・やたら多い批判や毒づきサイトを一切信用しない。見ない。

 

・懲りずに人間関係を大切にする。

 

・会ってくれる人・信じてくれる人に徹底して感謝する。

 

・孤独や寂しい感情は素直に吐き出す。

 

・何かを生み出すまでは、ひたすら『やる』。

 

・↑生み出した日が『始まりにすぎない』と考える。

 

・上記項目をくり返す。

 

 

続いて『失敗』についてです。

 

 

【ネットビジネスで失敗する理由】

・『やっぱりできない』と考える。

 

・他人の雑音に振り回される。

 

・批判サイトや毒づきサイトをつい見てしまう。

 

・人間関係と無縁になっていく。

 

・人と会いたくない。誰も信用できない。

 

・孤独で寂しいくせに強がっている。

 

・何も生み出せない自分を『やっぱりダメなヤツ』と呪う。

 

・何かを生み出せたとしても、そこで飽きる。

 

・上記項目をくり返す。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

意図的に書いてみましたが、
成功できる人と失敗してしまう人の特徴は真逆
ということはハッキリご理解いただけますか?
お手隙であればこちらもご参考下さい。
脱サラした人が成功する背景と失敗して当然の理由

 

 

補足ですが、『そもそも人間関係がわずらわしいから、
ネットビジネスをやりたいんだけど…。』という人が
『人と会いたくない』から、失敗するのでは?
そう考える人もいらっしゃると思います。

 

 

…確かにそう考えると返答に困ってしまいますが(^-^;
ここでは『会いたい人とだけ会えば良い』とだけ説かせていただきます。


やり続ける。

 

最後にネットビジネス成功に向けた作業についてです。
これは成功者たちの運営スタイルが数多くあるため、
『何から手をつけるべきなのか?』…というところが
正直なところです。(私は、心当たりが数多く有り。)

 

地味な作業も多い。

 

成果が出るまで、時間もかかる。

 

正しいのか良く解らない。

 

独りよがりになりがち。

 

 

これらを解決するたった一つの方法が、

 

 

 

『ただ、信じたことをやり続ける。』

 

 

 

信じた物事は、もちろんネットビジネス運営者たち
で十人十色です。会社でも人によって仕事の施行
スタイルが違うことは、ネットビジネスでも然りです。

 

 

それでも、成功『したい』のであれば
成功した人を徹底して模範し、
成功『する』と断定・断言しましょう。

 

 

『やる』と断定暗示し、ひたすら続けましょう。

 

 

その先には必ず『結果』や常に初めて訪れる『最初』が
あります。それらはご自身で創り上げた掛けがえなく
愛おしい『資産』になっていきます。

 

 

 

追記

断定・断言が大切な理由

 

 

 

余談ですがもう少しお付き合い下さい。

 

 

私は実体験を語ることが最も現実味があり、
情報共有ではもっとも大切なことと考えるので
そうさせていただいています。

 

 

そのうち最も多く語る物事が、
海外就職時代や、退職時の話です。

 

 

この話題を引き合いに出しますと、
私が勤め先で退職を申し出る時は全て
『辞めます。』という断定・断言であったと記憶しています。

 

 

『辞めたいんですけど…』
と言う人もきっといらっしゃると思うのですが、

 

 

『辞めたいんですけど…』
という言葉の後には『どうしましょうか?』という
依存心が透けて見えるような気がします。

 

 

私が海外勤務時に迫られた選択は3つ。

 

@:これまで以上にがんばる。

 

A:自我を捨て上司に気に入られる方法でがんばる。

 

B:去る。

 

『辞めます。』に続く言葉は
『そういうわけで、さようなら。』それで良い…。

 

 

今でこそ文章にして書くことができていますが、
当事はそんな心境だったと思います。

 

 

断定・断言が大切な理由。
それは、発言したあとに起こせることが
『行動』に限られるからですね。退路が無くなるんです。

 

 

ネットビジネスに興味を持ち、行動だけが残ったあなたへ。

 

 

 

 

 

【併せて読まれている記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?