PANDORA

猛毒を宿すパンドラの箱

 

 

どこかクサい言葉を使えば、このページはそんな表現になりました。白状しますと、私のこの事実開示はすべきかどうか非常に迷ったところです。知人や友人もこれに目を通すかもしれませんので、そう考えるといつまで経っても1歩を踏み出すことができませんでした。事実、管理者である私自身もこのページを訪ねること自体が正直辛く、目を通せば毎度心をえぐられるような気持ちになります。

 

 

しかしこの度、敢えてこの猛毒とも呼べる事実開示に踏み切ったことには、一つの大きな理由があります。
それはこの世の中で、自分以外の誰かが同様にその猛毒をくらい、今も逃げ場のない自分自身の『脳』に宿した過去の痛みを抱えて懸命に暮らしていると思えば、彼・彼女らに『独りで戦わないで欲しい。』と、一刻も早くそう伝えたいからです。

 

 

そして、そう志した以上、私自身もこの二度と消えない痛みをオープンにすることが、
あなたの信用を得るうえで最も必要なことだと考えました。

 

 

今苦しんでいる環境からは、意志を行動に移すことで解放されます。
それは日々このブログやメルマガを通じて、くどいほどに発信しています。
人は自分の力で自由と幸せな人生を歩める。このことを知って欲しいとただ願うのです。

 

 

決して開けてはいけない『パンドラの箱』。
開けると災いそのものが自分自身に襲い掛かってくることもあるでしょう。
しかし、神話通り『最後にその箱の中に残ったものは希望だった』と、
強く未来を信じている人には、以降をぜひお目通しいただければと思います。

 

 

こんな私ですが、今では大切な人と自由に笑顔で幸せに生きる人生に向けて、
確実に日々を歩めています。

 

 

管理者:西野 要

 

 

 

 

 

【2月12日 2:34AM】

 

 

家より距離を置いたネットカフェより。

 

 

前夜、両親にフィリピンを訪ねる予定を報告する。訪問先、結婚、仕事、将来…
私にとって不自由な物事をわざわざ言い聞かされる。『脳』に宿った悪い記憶が再び戻ってくる。

 

 

 

約25年前、戯れのつもりで父の顔を足蹴にした瞬間全てが変わった。

 

 

 

優しいと思っていた父が突然悪魔に変貌した。身に付けていた薄黄色のパジャマは破れ壁に叩き付けられた。『これ以上家で住むことは許されず、自分はそのまま外でのたれ死ぬ』と、子供ながらに本気でそう考えた。

 

 

その日から、『大人を怒らせれば悪魔に変貌して襲い掛かってくる。』
そんな気持ちで周りの大人たちの機嫌も伺うようになった。そのまま自分も大人になった。

 

 

暴力よりも強い言葉は確かに存在するが、
暴力が最も強い権力ということは暴力を自分の体をもって体験して初めて理解できる。
そしてその時誰からも助けてもらえなかった事実は、脳に住みついた悪魔を今も成長させている。

 

 

『育った家を守って暮らしていく。』そんな気持ちで過ごす人生は、もう古い時代かもしれない。確かに『帰って寝るだけの場所』さえあれば、ただ肥え太っていく犬にとっては十分のようだ。

 

 

『過去は過去』が通用しない。
乗り越えるようにがんばる自分を、演じることに毎日疲れる。

 

 

国内企業という狭い世界で30余年過ごした父が、『(フィリピンと縁を)切れ。』と声高に命じたときに自分の人生は一体何なのだろうと思った。当然従わなかった。私には広い世界で『大切な人と自由に笑顔で幸せに生きる。』という夢がある。

 

 

彼に今まで生かされてきたのだと思えば、情けないのか、憎らしいのか、よく解らない。
帰る場所すらも提供されている。絶縁するしか逃げ場がないのだろうか。

 

 

時に報復心が芽生える。先述した大昔の『教訓』を、同じように父にそっくり体現すべきかどうか?それでは低俗の繰り返しになると戒めて、かろうじてずっと耐え忍んでいる。

 

 

 

帰国。

 

 

 

望んでもない酒を勝手に酌み交わされた日。
酔いに任せたのか父はこう言う。

 

 

『あのときのことはすまない。ただ、お前も俺を足蹴にしたからな。』

 

 

血はつながっていても、所詮は別個体なのだと思った。
自分だけを守ることで精一杯なのは、会社でも家でも同じようだ。

 

 

自分は本当に、会社という環境で巧く人生を泳げなかった。
言い訳にするが大昔から今も続くこの『教訓』が一つの理由だと思う。

 

 

家族って何?

 

 

子孫って何?

 

 

前夜もフィリピンや彼女のことでペチャクチャと聞いてくる。
黙するべきところで、容赦なく人の心に踏み入ってくる。

 

 

彼が父親で、横で黙っているのは母親だ。

 

 

目の前に映っていることがすべてなので、現実が真実だと必死に受け止めようとする。胸が痛い。
この怒りを自分だけで鎮めることができなくなる日がいつかやってくると考えると、とても恐ろしくなる。

 

 

叶わないと知りながら、もしも『あの日』に自分が大好きな父に戯れを起こしていなかったら…。
そう考えれば考えるほど、思考が止まる。その時生まれた鬱屈は自己嫌悪を現在進行形で成長させている。

 

 

 

 

 

ご精読ありがとうございました。⇒ TOPへ

(EXTRA):家族と同じ空気を吸うのが苦痛な人へ。

 

 

 

英版(監修無し)

万国共通の『痛み』と『過去』。
私自身の本気度をさらにここで示すため、英版も勝手に作成致しました。

 

 

内容は同上です。
興味のない人はスルーして下さいね(^-^;
また、文法その他の指摘などはご遠慮願います。
(ちなみに監修は付けていません。)⇒TOPへ

 

 

 

 

 

PANDORA with deadly poison

 

 

If you use very nice words, PANDORA. This page is made by such expression.
To tell the truth, It was so tough to whether I should disclose this fact.
Perhaps family members and friends may read this fact.
I could not take an action even when I thought so long ago.
Even I hesitete to visit this my own made ''Unforgettable FUxxn' past''.

 

 

However, having decided to release this unforgettable past this time has only one big reason.
In this world, someone may have experienced an unforgettable pain just like me.
Those people also live with their pain and pain lodged in their own '' brain ''.
I asked them, "You are not alone.'' I want to tell you.

 

 

And I thought that exposing my own pain which never disappeared was the most necessary thing to gain your trust.

 

 

You will be released from your suffering and your own action brings happiness.
I persistently tell this thing every day through this site and e-mail magazine.
We can spend our free and happy life through our own actions. I would like you to know this fact.

 

 

A box of Pandora that should never be opened.
Disasters may hit the people who opened it.
But what lasts in that box is HOPE.
Those who believe in a happy future, please read the text below.

 

 

I have a life that I am happy to live with a smile freely with my precious dears now.
So, I wish you spend your life the same as I am.

 

 

May the hapiness be with you and arounds.

 

 

Kaname Nishino

 

 

 

 

【12. February 2:34 AM】

 

 

Here is an internet cafe that is at a distance from the house.
I’ve reported my parents planning to visit the Philippines last night.
Visit ・ accommodation, marriage, work, future ...
They inquire about the incompetent things for me.
And the '' worst memory '' that stayed in my mind will come back.

 

 

About 25 years ago.
I made a fun of my father's face for the purpose of playing.
Everything changed.

 

 

My father who I thought was gentle turned into a devil.
He grabbed my yellow pajamas I was wearing until it broke, and beat on the wall.
'' I can not live here at home anymore, I will die out on the outside ''.
I thought so while he was a child.

 

 

Since that day, 'When angering an adult, they become devils and attack me. ''
With this kind of feeling I began to cheer about the adults around me.
And, I also became an adult as it is.

 

 

There are certainly stronger words than violence.
However, violence is the strongest power.
This can be understood for the first time by receiving violence in my body and experiencing it.

 

 

And then nobody helped me at that time.
This fact is still growing the devil who settled in the brain.

 

 

I will live by protecting my house I grew up.
In this era, the life I spend with such feelings may already be old.
If there is only "a place to go home and sleep", it seems just enough for
a pig who is getting fat and fat.

 

 

"The past is past" does not pass.
I try my best to overcome this pain.
I am exhausted everyday to pretend myself like that.

 

 

My father spent over 30 years in a small world of domestic companies.
When he commanded to me ‘Cut your relationship there (in the Philippines)’ ,
I ask WHAT’S MY LIFE.. I live happily in smile with freedom in this world not a small world.
I will not obey him.

 

 

I have been used to my father since I was a child.
It is miserable and hateful. I feel that way.
I am offered a home. There is no escape only to insulate.

 

 

Vengeance minds occasionally grow.
I want to embody the violence I received exactly for my father.
However, I know it will be repetition of hatred.
So I barely tolerate it all the time.

 

 

 

Returning home.

 

 

 

One day, my father got drunk and said,

 

 

'' I am sorry at that time. But you also would have kicked me out. ''

 

 

I thought we are just a separate individual although we are family.
He always straggle only himself.

 

 

I really could not live my life well in a company environment.
I think it is the reason that 'unforgettable pain' is an excuse.

 

 

What is a family?

 

 

What is descendant?

 

 

He asked me about the Philippines and my girlfriend.
With no delicacy and stepping into my hurt heart.

 

 

He is my father.
My mother is silent beside him.

 

 

All that is reflected in my eyes is reality.
So I desperately take this reality as truth. my heart hurts.
It may be impossible to quell this anger alone.
I am very scary when I think that someday I cannot handle this anger myself.

 

 

I know that a past will not come again. No turning back.
If I could return to 25 years ago..
If I had not played with my favorite father at that time..
The more I think so, the more my hatred and pain grow sempitarnally.

 

 

>>Back to the TOP.




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?