理不尽な会社のパワーゲーム

 

(前回)自分を人として扱わない上司

 

 

 

 

帰国しました。
あわせて帰国直前に世話役日本人から言われた一言が、頭をよぎります。

 

 

『日本に帰っても、君には厳しい環境しか待っていないよ?』

 

 

国内では初めての転職活動。

 

 

1か月目。
ひたすら遊んでいました。
ライブ、旅行、昼寝、ポケモン…。

 

 

2か月目。
履歴書を書き始めました。

 

 

3か月目。
1社目で採用が決まりました。転職活動、終了。

 

 

 

私自身が、
どんな環境でも箸か棒に引っ掛かる能力が大切である。
このことを常に胸に行動していたことが、
結果になっただけだと思っています。

 

 

この姿勢が、早期の転職を実現したカギだったと思います。

 

 

やはり、スピードと効率を重視する社会では、
どんな環境でも箸か棒に引っ掛かる能力を持っていれば、
おそれるものは何もないと自分を信じるきっかけになりました。

 

 

ところで、この時点ではまだこう考えていました。

 

 

『結局生きている以上、人間関係は避けられない。』

 

 

『本当に自分が貢献できる会社で、やっていくしかない。』

 

 

『まだ人間関係に賭けてみたい。あきらめたくない。』

 

 

もう根本から、甘かった思います。
まだ思考がズレていた時期です。

 

 

『きっといつか、自分にふさわしい環境と人間関係が手に入る。』
そんな保証はどこにも無かったのに。どこかで信じていたんですね(^-^;

 

 

そんな気持ちで転職入社した、新しい会社。
自分は海外事業部に呼び寄せられました。

 

 

再び渡航。

 

 

ところがフタを空ければ、
ろくに海外展開に視野が定まっていない状況。海外オフィス内は、

 

 

プリンターなし

 

WiFiなし

 

固定電話なし

 

代理店スタッフとのコミュニケーションなし

 

 

…1か月が経過し、帰国。

 

 

国内オフィスにて、自分の机には固定電話も業務PCもなし。
となりに目をやれば、新卒社員には業務資材全てそろっています。

 

 

 

 

 

 

転職者は即戦力採用が目的のはずですが、
どうやらその考えが通用しない会社もあるようです。

 

 

とどめは、パワー(権力)ゲーム。

 

 

経営者の親族は、
約束の時間を3回破る男です。

 

 

17時半までに行く。

 

 

明日9時に行く。

 

 

10時半まで待て。

 

 

やっぱり11時にお前が来い。

 

 

転職したての私はトラブルをきらい黙ってましたが、
再び会社や人間関係に絶望していきました。

 

 

国内外をあちこち動き回され、
くだらない特権階級にもやる気が失せました。

 

 

 

また同じコトの繰返しです。

 

 

 

ある日の朝、頭痛と吐き気で欠勤しました。
『あれ…こういう環境って、何って言うんだっけ?』
その時、ようやく気付けました。

 

 

 

ブラック企業です。

 

 

 

情けないを通り越して、生き方そのものを否定された気分でした。
即日退社命令を下すブラック人事へつづく

 

 

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?