トップへ戻る

労災申請をシカトされる。

 

労災申請をシカトされる。

 

(前回)肩が上がらなくなるほどのブラック労働

 

 

 

 

こりから痛みへ。肩が上がらなくなって翌日。
近所の診療内科でさっそく診察して貰いました。

 

 

 

診察結果:

 

『過度の物理負荷と過労ストレスが原因』

 

 

労働共済を申請するために、診断書を発行してもらいました。
2000円前後だったでしょうか。

 

 

身体を休めること1週間。
その間は改めて人生について考え直していたと思います。

 

 

自分の若さや体格を利用されるうえ、
先輩たちのご機嫌伺いが果たして自分の使命なのだろうか?

 

 

ずっと『イエス』と言って耐え忍んできたけど、
そろそろ『ノー』と言うべき時期が来たのではないか?

 

 

あの先輩たちが社会を退いたあとも、
私の給与から税として充てられてしまう。

 

 

朝6時に眠い目をこすり、
毎日毎日重たいものを身体がこわれるまで運ばされる。
兵隊どころか、奴隷のような日々…。

 

 

その傍らで、お日様西西の老人たちが、
平日の昼間から鬼ごろしを好きなだけ飲んでは
顔を真っ赤に染め、手を叩きゲラゲラ笑っている。

 

 

だんだん自分が情けなくなってきました。
私の未来は、この人たちの手の中にあるのだろうか…?

 

 

力技でも良い。行動を起こすしかない。

 

 

『私の未来は、この人たちの手の中にあるのではない!』
同時にこの人たちについて行ってしまっては、
この先の若者にも、今の自分と同じ想いをさせてしまう…。

 

 

 

 

 

 

休養期間1週間が過ぎました。
その日の朝、いつもどおり上司にあいさつしました。

 

 

 

 

無視されました。

 

 

 

 

(同じ空気すら吸いたくない・許せない…)そんな気持ちをこらえ、
病院からもらった診断書をその上司に手渡しました。

目も合わせず彼から返ってきた言葉は、

 

 

 

『要らん。』

 

 

 

この人が社会から姿を消す時、
その後のくらしを支えるお金を与えなければいけないのか?

 

 

はたしてこの人は、その時にも自分を人として
扱ってくれるのだろうか?

 

 

数々の疑問。そして自問自答。
『…ひょっとして自分は実は、社会不適合者なのだろうか…?』

 

 

物事の判断基準が狂い、
何が正解で不正解なのか解らなくなりました。

 

 

とにかくこの環境を強制的に変えるしかない。
望まない未来を、身体が朽ちて信念を捻じ曲げられてまで
待っていることこそが危険なのだ。

 

 

行動することだけが、自分に残りました。
自分を人として扱わない上司へつづく

 

 

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?