トップへ戻る

逃げるは本当に恥かも知れませんが、本当に役に立ちます。

 

逃げるは本当に恥かも知れませんが、本当に役に立ちます。

 

突然ですが、私には守っていることが一つあります。
それは、

 

『ヤバい』と感じたらすぐ逃げる。

 

 

逃げることが『まちがい』だと考えたことはありません。
なぜなら『まちがいが、生き方を変えることはないから』です。

 

 

そして会社という環境で出来上がった特権階級や、
安いだけの依頼や依存にいつまでも付き合っているほど、
私たちの時間は安くないのです。

 

 

特権階級に守られている人・依頼や依存だけで仕事をした気になっている人
そういう人は図太く・勝手にやっていけば良いと思います。
他人の人生にケチをつけるほど私たちはヒマではありません。


『付き合い』の果てにあるもの

 

ぜひご一緒にお考え下さい。

 

 

せめて今日は早く帰りたい…。たとえば。

 

・妻や子供の顔を見て、大切な時間を過ごしたい。

 

・やり残している家事をしなければいけない。

 

・一人でゆっくり録画していたテレビ番組を観たい。

 

・資格の勉強に時間をかけたい。

 

・セーブしたゲームの続きを、久しぶりにプレイしたい。

 

・体の不自由な家族の面倒を見なければならない。

 

そう考えて、今日は早く仕事を終わらせようとがんばっていました。

 

 

そこで同僚から一言。『今日の夜、予定ある?』
付き合いだから仕方ないかと思い付き合ったところ。
上司へのグチ・傷のなめ合いだけで実に中身のない3時間が過ぎました。

 

 

そもそも予定が無い人はいません。
予定があるから家に帰るのです。

 

 

そしてある日付き合いを減らすようになった頃、
なぜか自分だけに安い依頼がたくさん、ふりかかります。

 

・コレ、シュレッダーにかけといて(ドサっ)

 

・あ 君○○部署も兼務だよな。こっちの資料もよろしく(ドササっ)

 

・どうせ早く帰るんだろ?じゃあ、コレ全部外に捨ててきて(ドサササっ)

 

 

あれ?

 

 

おかしいな?

 

 

これは愛なのか、ムチなのか?
それとも精神性が幼稚なそれ以外の何かでしょうか?

 

 

どうやらその人にどんな理由があって早く帰るのかなど、
全く考えられていないようですよ。

『見切る権利』は自分にあります。

 

私は以下のように考えたら、
その環境に見切りをつけることに決めています。

 

・こんな環境に、自分が負けるわけにはいかない。

 

・こんな人生は100%ウソだ。

 

・この環境に甘んじてる人だけが残れば良い。自分はちがう。

 

こう感じているときは『ヤバいな!』と感じます。
これを『逃げ』と表現するのも何となくシャクなので、
『見切る』という考え方がサッパリして気持ち良いかもしれません。
『見切る』までに考え、耐えたその人は後ろめたさなど感じなくても良いのです。

 

 

ここまでお付き合い下さった皆様なら、お分かりかと思います。

 

 

どうなるか分からない世の中。

 

・いつ突然日常が無くなるか。

 

・いつ自由を手に入れることができるのか。

 

・そんな毎日を何となく生きていて、『自分らしさ』はどこにあるのか?

 

 

6年前私は社会人になり数カ月でこの考えを持ちました。
6年間考え耐え続けたことは私の財産です。
おかげで強く生きていける能力と経歴も得ました。

 

 

『日本にいて生きる』以外の選択肢ができたのも、
自分の中ではとてつもなく大きな革命でした。

逃げるのも、人の道。

 

そういうわけで、

 

 

皆様の『ヤバいな!』
ありますか?

 

 

・そこから逃げて、新しい道を探すのも良し

 

 

・考え耐え続け、財産とするのも良し

 

 

人間はちっぽけではないし、
生きていくそれだけの力は本来持っています。
ポジティブな人はかなり早くその事に気付きます。

 

 

それは私自身、安月給で得た貯金で単身フィリピンに渡ったとき
感じ学んだことです。

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?