自由に働く(『はた』:他人を・『らく』:楽にする)ための行動。

 

他人に依存することで、何とか毎日をやり過ごす。
そんな日々に飽き飽きしていたころの話です。

 

 

どうすればこの不自由な日々から解放されるのだろうか?
そんなことばかり、考えていました。

 

 

『とにかく、動け。』
そう自分に言い聞かせる毎日でした。


とにかく動く…けど、前に進んでるのか?

 

好きなことばかりは、
仕事が忙しくとも往生際悪く続けていました。

 

 

それが生きる活力そのものだったからです。

 

 

夜更かししてでも、
好きなだけやり続けるときもありました。

 

 

寝たら明日が来てしまうからです。

 

 

こんな不健康な日々を過ごしては、
翌日にベッドにはりつく体をムリヤリひきちぎり、
眠い目をこすって職場に向かいました。

 

 

『これは、必要な苦労なんかじゃない!』

 

 

ある日そう気づいたとき、
その現状に不満を感じているのは、
『全て自分自身が起こした行動の責任なのだ。』
そう考えるようになったのです。

 

 

誰から言われたわけでもなく
アドバイスをいただいたわけでもありません。
そして、その職場で私をふるいかけてくれた人もいませんでした。

 

 

余談ではありますが、
『先輩に好かれる』という経験が人生の中で全く無かった私には、
後進として歩む道も無かったし、示されていないんだと思っていたのです。

 

 

そのため、自分ひとりで考えて行動する時間が多かったぶん、
『自由に働く』ことへの気持ちは人一倍大きかったのかもしれません。
(ただの、わがままかもしれませんね(^-^;)

 

 

気持ちだけは人一倍強い。
行動はする。

 

 

ただ…
それが本当に前進している行動なのか、
不安で仕方なくなりました。

『ダメになっていってるんじゃ…?』

 

退職や転職を経験してきたんぶん、
環境の変化を受け入れることには慣れてきました。

 

 

むしろ、
同じコトをくり返す、同じ環境にい続ける。
そんな日々がたまらなく退屈だったから、
それで良かったのかもしれません。

 

 

しかしある日。
どこかで、こんな気持ちも抱くようになります。
『どこにいっても続かない…自分はダメになっているのか?』

 

 

不安になって、家族や友人に相談することもありましたが、
『そんなことないよ。』 そう言ってもらいたいだけの自分の浅はかさにも、
イライラしていました。

 

 

『もう、終わらせよう。』
そんな気持ちが心を支配します。
今までにない大きな行動を取らなければ、何も解決しない。
そう考えていたのです。

人生を、賭ける。

 

大きな行動には、その人の人生に大きな影響を生みます。

 

 

その大きな行動は、
ともすれば『毒』になるのです。

 

 

しかし、これだけは言えます。

 

 

『自由に働く』
言うはカンタンですが、これを実現すると決めた以上、
『毒』を飲む必要がでてきます。

 

 

そして、致死量ギリギリの毒を飲める人にこそ、
人生を賭けた、強力な行動力と説得力が宿るのです。

 

 

働く(はたらく)とは、
他人(はた)を、楽(らく)にする行為です。

 

 

致死量ギリギリの毒を知る人こそ、
他人を楽にさせる『免疫』を持っているのです。

 

 

 

 

 

【併せて読まれている記事】

 




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?