脱サラは失敗の連続。やめた方が良いですよ。

 

 

 

↑↑↑

 

本題は、あえてちょっと天邪鬼(あまのじゃく)な
タイトルにしてみました。うん…嫌なカンジですね(^-^;

 

 

私はタイトルのような物言いに反して、
脱サラしてコツコツとネットビジネスを続けていると、
いつの間にやら記事の数が300を越えてしまいました。

 

 

人によれば『まだまだ』・『そんなもんよ』・『やるやんけ!』…
そのご感想は様々かと思います。

 

 

キレイごとですが私本人は『まだまだ通過点』と自分を律したり、
『これが最後!遺書のつもりで!』そんな気持ちで日々書き綴っています。

 

 

さて、前置きはこのへんにしておきます。

 

 

冒頭タイトルは私が雇われの身を抜け出し、
脱サラしたあとに一部の人から聴かされた

 

 

 

心の声

です。

 

 

 

何とも激しい思いこみですが、私は少なからず
こんな言葉を無言の圧力のなか聴き取りました。

 

 

 

『脱サラなんて大抵は失敗だから、止めとけば?』

 

 

 

そんな他者の心の声を聴き取っていたんですね。
(タチの悪い幻聴+被害妄想です(^-^;)

 

 

その後まもなく、自分の敵は自分自身だと気付けました。

 

 

実のところ他人は、自分の成功・失敗にそこまで関心がありません。
(…というより、そんな余裕は他人にはないものです。)

 

 

ちょっと寂しい考え方かもしれませんけど、
そのくらい割り切らないと、正直孤独とは戦えません。

 

 

そして自分の本質、つまり自分らしい生き方を知りたければ、
深い深い孤独を受け入れないと解らないのです。

 

 

これはかの芸術家・ピカソも口にした言葉です。

『深い孤独がなければ、まともな作品は作れない。』

 

 

孤独ときけば大体はネガティブなイメージが多いと思います。

 

 

・アイツ友達いないんじゃね?

 

・うん、誰もお前なんかと友達にはならないよ?

 

・脱サラとか自由とか。アイツおかしいから関わらない方が良いわ。

 

・ノマドなんて、所詮は社会の落伍者だろ?

 

・いつまでその虚勢がつづくかな?

 

・はやくズッコケろよ。助けてやんないけど。

 

・いつになったら成功するの?お前じゃ無理だけど。

 

・中2病末期どころか、死期だな。

 

・人生詰んでやがる…。

 

 

私はネットビジネスに手を付けてからは、
上の言葉たちを『呪いのキーワード』と呼んでいます。

 

 

脱サラ直後の数か月間は、ほぼ毎日これらと戦う日々。
自分の脳に住みついた悪魔が、毎日こんな言葉たちを
自分に言い聞かせていました。

 

 

そこで気付けました。
やっぱり自分の敵は自分自身だと。

 

 

他人にとっちゃ自分の成功・失敗なんてノミほども
関心持たれません。じゃあ、誰が自分の失敗を待っているのか?

 

 

こちらも他でもない自分自身なんですね。
自分自身に住みついた悪魔です。

 

 

その悪魔はどんな正体かと言いますと、

 

 

・スーツ姿でお偉い他人に媚びへつらっている。

 

・決まった腰の角度で決まった名刺をばらまいている。

 

・ガチガチに固めた笑顔で他人にお酒を注いでいる。

 

・どこを見ているのかわからない瞳でフラフラ歩んでいる。

 

・お決まりの一発芸でようやく仲間外れを免れている。

 

・身体を壊しても手足を引きずりながら書類を抱きしめている。

 

・損得を脳内フルスピードで判断して、面倒ごとを避ける。

 

 

↑↑↑私の脳に住みついている悪魔たちは、こんな連中です。

 

 

不自由な姿をした『自分そのもの』です。

 

 

『呪いのキーワード』が友達なので、
何度でも私の自由を小馬鹿にできます。
放っておけば、24時間・365日私の自由を攻撃し続けます。

 

 

これでは、キリがありません。…どうすれば?

 

 

戦い続けるしかないんですね、もう。

 

 

それでも案外、戦い続ける方法はあるものです。

 

 

そうでなければ私以外にもネットビジネスを生業にして、
自由を満喫している人たちなどこの世にいないハズですから。

 

 

他人や自分に住みついた悪魔がささやく『雑音』。
これらを一切耳に入れず、ひたすら『好きにする』

 

 

これが一番なんです。

 

 

『脱サラなんて大抵は失敗』
たしかに、これは一部正解だと認めましょう。

 

 

だからと言って、『止めとけば?』
という理屈に持っていくあたりは筋が通らないのです。

 

 

脱サラして成功できる理由と失敗して当然の理由。
これはこの『止めとけば?』がキーポイントです。

 

 

『…脱サラなんて失敗だらけだし、止めました。』
実はこう言ってあきらめるのを期待してる人たちが、
世の中にはたくさんいるのかもしれませんね。

 

 

 

あきらめず自由になった人を、あきらめた集団が妬む。

 

是自然。集団心理とは、そんなものです。

 

 

 

わざわざ他人の『止めとけば?』に従う道理なんてありませんし、
いつまで経っても自分の脳内にネガティブワードを溜めこむこと。

 

 

人が失敗して堕落してしまう理由はそこにあります。

 

 

成功できる人は、大抵こう考えます。
『やってきたことぜ〜んぶ、成功だよ。』

 

 

科学者エジソンは、

『うまくいかない方法を1万通り発見した。』

という1万回の成功をおさめています。

 

 

これが1万回の失敗だと思い込んでいたなら、
果たして彼はあきらめずに継続できたでしょうか。

 

 

もちろん脱サラを成功させたい人も
エジソンのようになる必要はないと思いますが、

 

 

『脱サラなんて大抵は失敗だから、止めとけば?』
これに徹底して抗うことはできそうです。

 

 

徹底して抗う方法。
つまりは、脱サラして成功する方法ですね。

 

 

実は自分で資産をもって収入を生むことができる人は、
どんな環境でも箸か棒に引っ掛かる能力の持主です。

 

 

だから、

 

 

他人に媚びへつらう義務もありません。

 

年上ってだけで指図してくる人に膝をつく必要もありません。

 

やりたくないことをガマンすることもありません。

 

会いたくない人に会わなければいけない理由も消えます。

 

 

それがゆるぎない、『本当の自由』ですね。

 

 

好きな時間に・好きな場所で・好きな人と

 

 

コチラから実現できます。
自由を知り。自由を実現する方法(無料)

 

 

あ 付け加えまして『独り』でも問題ナシです。
それは私自身で、体現致します。

 

 

自宅から20分の港付近ある路地裏。

 

 

 

一見、隠れ家のような倉庫です。

 

 

 

『ギシギシ』と階段を昇っていきます。

 

 

中はアンティーク感ただよう喫茶店。

 

 

 

昔あった倉庫を今はこうやって有効利用しているそうです。

 

 

 

日替わりカレーライスを注文。
ココナッツオイルで揚げた野菜の味がまろやかです。

 

 

あわせてサラダ。
本来カレーとセットになっているサラダが来るはずでしたが、
がっつり野菜を食べたかったのでつい注文してしまいました。

 

レンコンスライスのフライと、こっそり乗ったクリームチーズが美味です。

 

 

カレーに付いてきたヨーグルト。
ちょっぴりかかったハチミツの味がうれしい。

 

 

お腹いっぱい食べたあとは海のそばを散歩。

 

 

 

歩き疲れたので、ここで休憩。

 

 

浜風が気持ちよくついウトウトしちゃいました。

 

 

帰宅。庭のトマトの実が次々なっていました。

 

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?