遊びながら英語を上達させる方法

 

 

ムービーマラソンがマイブームの西野です。

 

 

こんなんだからブクブク肥え太っていくんですね…(^-^;

 

 

 

当ブログサイトで『英会話・中級』とうたう以上は
衰えさせてはいけないと思い、日本でも英語にある程度触れています。

 

 

ただ、結局日本で英語の勉強をしようがしまいが、
海外現地にさえ足を運んでしまえば3日かそこらで
8割方語学力は戻るんですけどね。

 

 

それは私自身、過去に現地で英語漬けの環境で
仕事をして食っていけた経験が活きているのだと思います。

 

 

なので母国・日本では『勉強』は全くせず、
楽しみながら英語に触れることにしました。

 

 

英会話初心者・未経験者の人もご参考にしていただけますので、
ぜひお付き合い下さいね(*^^*)

 

 

遊びながら英語を上達させる方法です。

 

 

 

 

映画を観るのが手っ取り早い。

 

 

私が留学生時代にあみ出した
『遊びながら英語を上達させる方法』は映画鑑賞です。

 

 

もちろん読書や教材学習も効果がありますけど、
勉強ギライの私にはどうも性に合いませんでした。

 

 

だから、自分の興味がある映画だけにお金を払って、
それを何度も観ることが一番だと思ったのです。

 

 

現地の映画館はもちろん日本語字幕ナシ。
あっても英語字幕がせいぜいです。

 

 

ところがこれがまた、結構良い勉強になったのです。

 

 

『全部はわからないけど、わかったところはあった。』
実はこのちっぽけなコトの積み重ねが上達のカギなんです。

 

 

海外フィリピンに居た時に観た映画です。

 

 

 

【字幕ナシで観た映画一覧】

 

 

@:アメイジング・スパイダーマン

 

 

難易度 ★☆☆

 

ヒーローと悪役が目に見えて解りやすいうえ、
細々した話のやり取りも少ないです。
(アメコミ発なので子供さん向け)

 

主人公の家族の秘密とか恋愛絡みのところは、
結構気合いを入れて聴かないと置いて行かれます。

 

 

 

A:ウルヴァリン(X-MEN)

 

 

難易度 ★★☆

 

こちらもヒーローものですが、主人公ローガンの
苦悩とかを重々しく語るあたりは理解力が要ります。

 

正直ウルヴァリンはあんまり興味なかったので、
興味ないものを理解しようとしたのは苦痛でした(^-^;

 

 

 

B:エイリアン

 

(私の画力ではコレが限界です苦↑)

 

難易度 ★☆☆

 

こちらも目に見える解りやすい映像が特徴的。
(『プギャー』みたいなグロテスクなシーンが多い。)
クローンキャラがいたら『どっち?』となりますけど、
これは語学力とは一切無関係です。

 

続きものの映画ですので、前作から続けて観ないと
理解が追い付かないことがあるでしょう。

 

 

 

C:レヴェナント‐蘇りし者‐

 

 

難易度 ★★☆

 

レオナルド・ディカプリオ氏のアカデミー賞初受賞作品。
こちらも案外解りやすい映像が多いです。
復讐よりも、主人公の生い立ちをくみ取ることの方が難しいです。

 

キーパーソンの名前が聴き取れず困りました。

 

 

・日本語音声 ⇒ フィッツジェラルド

 

・英語音声 ⇒ フィおでぉあぁう

 

 

 

D:ジ・アサインメント

 

 

難易度 ★★★

 

私が見た限り一番ややこしい話の映画です。
ミシェル・ロドリゲス演じる殺し屋が復讐に遭い、
性転換されてしまいます(因みにミシェルは元々女性です。)。
話が3年前になったり現代に戻ったりと、所々で場面が変わります。
性転換されてしまった理由をくみ取るのが大変です。

 

 

 

【裏ワザ】

 

 

昔一番観たアニメをYoutubeなど動画サイトで観ましょう。
(ただし学習対象の言語か字幕のものを検索して探します。)

 

 

内容は子供の頃から観て知っているハズなので、
あとは言語と字幕を追って『ふ〜ん、○○語ではこう言うんだ。』
と勝手に覚えていけます。

 

 

 

3回観る。

 

 

映画は同じ内容のものを3回観ますが、
それぞれで言語と字幕をいじります。

 

 

1回目:音声日本語/字幕英語

 

2回目:音声英語/字幕英語

 

3回目:音声英語/字幕ナシ

 

 

同じ内容の映画を3回も観ることに
耐えられない人もいるでしょうから、
そういう人は下の順番がお勧めです。

 

 

1回目:音声英語/字幕ナシ

 

2回目:音声英語/字幕日本語

 

3回目:音声英語/字幕英語

 

 

コツは、『もう一回観たい。』というふうに持っていくことですね。

 

 

 

教科書には載っていないことも学べる。

 

 

さて、先述の上達法を使ってきたせいか、
私は教科書にはほとんど載らないような
フレーズまで覚えてしまいました。

 

 

 

・Shut the fuck up=やかましい、黙れ!

 

・Holy shit=何ちゅうこっちゃ!

 

・Go fuck yourself=くたばれ!

 

 

できれば上のようなフレーズは使わない方が良いです。

 

 

もちろん海外で本気のケンカをしたいのであれば
話は別ですが、親しい友人との間ではお勧めしません。

 

 

じゃあ、何でこんなフレーズまで紹介したのかと言いますと、
上述通り『使うべきでない』ことを発信するためです。

 

 

明らかに『使うべきでない』情報は、
私たちが学生時分から使ってきた教科書には
案外載っていないことが多いのです。

 

 

そして上述した『悪いフレーズ』は、映画では結構使われています。

 

 

そういう意味で、遊びで観た映画にも
大切で役に立つ情報が沢山あるんですね。

 

 

 

とにかくマネして使ってみる。

 

 

映画の一部始終を理解できなくても、
30%でも解ればその中に使えそうなフレーズがあるはずです。

 

 

それをそのまま、日常で使えば良いんです。

 

 

海外にホームステイでもしていれば
その日の晩に会話のなかで使えば良いでしょう。

 

 

日本で勉強しているのであれば、
ノートに書き留めたりそのフレーズや言葉を使って
英作文をしてみれば良いでしょう。

 

 

結局、実際使ってみないと覚えないんですね。
何事も、マネごとが初めの第1歩です。

 

 

 

【遊びながら英語を上達させる方法:まとめ】

 

 

@:映画を観る。

 

A:同じ内容のものを3回観る。

 

B:劇中で気になったフレーズを学ぶ。

 

C:マネして使う。

 

 

 

 

続けるコツは『全部解ろうとしない。』コトですね。ぜひ、お試しください(*^^*)

 

 

 

追記

 

 

 

留学・海外就職の経験があっても、
『何言ってるんだ?全然聴き取れない!』
そんな経験なんてしょっちゅうあります。

 

 

それだけ英語を使う人口が増えてきているということです。

 

 

地球規模でどこにいても箸か棒に引っ掛かるようには、
『誰にでも解りやすいクリアな言葉を話す』か、
『ちゃんと相手の言っていることをくみ取れる』
ようにならなければいけません。

 

 

私もまだまだその道中だと思っています。

 

 

ネットビジネスを有効活用し地球で暮らす人は、
沢山いらっしゃることでしょう。

 

 

どうせなら語学力もついでに身に付けて、
行く国で友達が増えれば人生はもっと楽しいと思います。

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?