海外にお出かけの際はトラブルへの危機管理もお忘れなく。

 

一緒に晩酌して、酔った母が話してくれたことです。
『海外に出掛ける際は危機感をもつこと。』

 

 

私がフィリピンに再渡航するからか、
思わず本音が出たのだと思います。

 

 

それでも心配して言いきかせてくれた、とても貴重な話です。
海外にお出かけの人にとっても大切な話だと思いましたので、
記事にさせていただきました。


聴き間違いが生んだ惨劇。

 

母が私に言いきかせてくれたこと。
それが『銃社会トラブルの危険性』でした。

 

 

母が学生時代にホームステイに訪ねた
カリフォルニアは治安が良い街ですが、
中には悲惨な事件が起こることもあるそうです。

 

 

当事ニュースで報道された内容では、
FreezeをPleaseと聴き間違えて射殺される。』
というものでした。

 

 

これがどういうことなのか詳しく説明しますね。

 

 

あるハロウィンの夜の出来事でした。
日本人留学生が仮装に身を包んで一軒家を訪ねたそうです。

 

 

 

『Trick or Treat ?』
(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ。)
ハロウィンを心から楽しんでそう口にしたそうです。

 

 

ところが訪ねた家に住むアメリカ人は、仮装した彼を不審者だと
勘違いして保持していた銃を向けてこう叫んだそうです。
『Freeze!』(動くな!)

 

 

しかしその仮装した留学生、こともあろうか
Freeze(動くな!)をPlease(どうぞ)と聴き違いしたそうで、
喜々として家にあがろうとした瞬間に射殺されてしまったのです。

 

 

冷静に考えて一度威嚇射撃で天井にでも発砲すれば良いものですが、
そうはならず、いきなり人体に向けて『ズドン』なのですから。
日本人の感覚は一切通用しない銃社会の厳しさです。

 

 

たった一つの聴き間違い。一瞬の惨劇トラブルでした。

天国から地獄!

 

私は今も変わらずアメリカンスポーツを観続けています。
中には悲惨な事件もいくつか聞いたことがあるので、
付け加えて書かせていただきますね。

 

 

 

米ボストンに本拠地を置くバスケットボールチーム、
セルティックスのアイザイア・トーマス選手。

 

 

彼は175cmという小柄な体格で2017年に
NBA得点ランキング3位につける活躍を見せました。

 

 

チームも9年ぶりに地区優勝を果たして、
これから日の目を見るかと思われました。

 

 

日本のプロ野球でいう『日本シリーズ』にあたる
『プレーオフ』が始まろうとしていたその前日。トラブル発生です。

 

 

トーマス選手の妹さんが交通事故で他界してしまいます。
22歳の若さでした。

 

 

正に天国から地獄です。

 

 

付け加え、翌日の試合でトーマス選手が33得点記録した
揺るがない事実も敬意を表し追記させていただきます。

自分の身は、自分で守る!

 

さて、少し重苦しい話だったかもしれませんが
渡航を控えた人に限らずこれから海外に見識を
広めたいと考える人にとっては非常に大切な話でした。

 

 

銃社会や交通事故。
日本ほど規律が高く平和な国も珍しいくらいだと
少しでも心に刻んでいただければ幸いです。

 

 

私が普段から『自由』だ『海外』だと勧めたり語ったりしているのも、
確かに人生を真剣に考える人の為ではあります。

 

 

ただし、考えなしに『自由』とか『楽しい』とうたうだけでは
身の保障を十分に意識していただけないかもしれないと思い、
この記事を書きました。

 

 

『自分の身は自分で守る。』

 

 

その為には何が最優先で、何が正しい行動なのか?
ご自身の未来を真剣に考えることができるあなたなら、
考え至ると思います。

 

 

危機感ですね。

 

 

たった一度のかけがえない人生だからこそ。
行動は起こしても自分の身を保障できる心構えは持ちましょう。

 

 

 

追記

 

 

 

私はネットビジネスを始めた時点で、
ある程度のビジョンは検討していました。

 

 

語学系のアフィリエイトコンテンツの追加を先々考えています。

 

 

それはこの記事で書き綴ったように、
海外渡航を控えた人たちに向けて、少しでも
身の保障を固めることができるコンテンツを提供したいからです。

 

 

一度知人に相談した時には
『語学じゃ市場が小さい』とアドバイスをいただいたのですが、
市場がニッチなぶん、やりがいはあると勝手に考えたので、
迷わず手を付けました。

 

 

思った通り時代はグローバルに移行しています。
そして真剣に自分の人生を考えていらっしゃる人からは
直接メールにてお便りもいただきます。

 

 

進んで語学を学ぼうという姿勢はまちがいなく
生産的な行動だと私は思っていますので、
彼・彼女らには信じて突き進んでいただきたいです。

 

 

今の時点で無料提供できるコンテンツもできていますので、
海外に見識を広めたいという人はぜひ手に取られて下さい。
単身渡航マニュアル

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


 
HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?