トップへ戻る

カバの権力者には反論か見切るかしましょうよ。

 

カバの権力者には反論か見切るかしましょうよ。

 

Hippo:ヒポとは動物のカバのことになりますが、
怒らせると案外凶暴で獲物をかみ砕くパワーを持っています。

 

 

Highest-Paid Persons Opinion(最高権力者の意志)
この言葉の頭文字をつなげるとHippo(カバ)になります。

 

 

そんなカバのお話。あなたの周りにもいませんか?


『やらねばならぬ』のは解りますけど。

 

私は現時点では個人事業主という立場ですが、
会社員という生き方のキャリアの方がまだ長い年齢です。

 

 

個人と会社員。両方の立場になり2つが繋がってこそ
深く理解できるものですが結局仕事は『やらねばならぬ』
という結論と行動が全てです。

 

 

特に脱サラ起業して成功した人が従業員を雇うレベルに
なると尚さら難しい状況が続きます。人件費・給与・
人間関係まで経営者は考えなければいけません。

 

 

経営者はそのうち神経がマヒし始めます。
『気に入らないなら去れ』・『ごちゃごちゃ言わずやることをやれ』
という最もラクな手段、パワー(権力)行使に走るようになります。

 

 

もうお気付きのとおりこれがカバです。
権力で正論も矛盾も理不尽も押し通せる立場の人間ですね。

 

 

『やらねばならぬ』はゆるぎない正論です。
それは解るのですが正論か権力を振り回してばかりだと、
そのうち従業員たちもストレスがたまり爆発します。

 

 

最悪の場合人もお金も離れてしまいかねません。
もっと悪いとその『最悪の場合』にも気付けません。

カバに反論する多様性集団は必要。

 

ダイバーシティグループ(多様性集団)という言葉があります。

 

 

『素行や性格に問題がある社員でも仕事に集中できるための
環境を与えられるべき』という考えのもと生み出されたものです。

 

 

これは会社の中で社員が『どんなヤツか』ということよりも
『何ができるのか』ということを優先するための考えです。

 

 

この考えは、素行や性格が理由でカバの意見や考えに
賛同できない社員が孤立しないようにできています。

 

 

良し悪しは別として、その会社から安易に人材が
失われ(退職し)ないための対策とも言えそうです。

 

 

「単にカバが気に入らない。」という感情だけでは
反旗を翻す理由にはできませんが、意外とこの「気に入らない」
という感情は会社のためになったりします。

 

 

カバやカバのお気に入りだけが甘いミツを吸ってしまう
という悪循環を止めるキーファクターだからです。
その結果、人が離れていく現象も減っていきます。

 

 

カバに反論することで横柄な権力行使が抑えられますし、
何よりカバも謙虚になります。

状況によれば見切っても良いです。

 

もちろん多様性集団を設けている会社は少ないでしょうが、
反論者を権力で抑えつけるような会社ならさっさと見切っても
問題ないでしょう。

 

 

特にカバのお気に入りや親族ばかりが甘いミツを味わっている
うえに『働き方』や『モラル』をノウノウと語るような職場であれば
なかなか更生は難しいと思います。

 

 

私は実体験があるので堂々と公開しますが、
経営者の親族が約束の時間を3回破る様な例も知っています。

 

 

 

モラルを正義面して語ることができるのは、たまたま恵まれた
環境にいたり理不尽に怒られたり見放されたりしたことがない
人間ばかりです。

 

 

ことわっておきますが、私は会社を3回退職した経験のもと
今の考えがあるだけなので鵜呑みにはしないで下さいね(^-^;
今すぐ会社を辞めるわけにはいかない人の方が圧倒的に多いことも解ります。

 

 

私は自分で自分の性格をサイコパスだったりトラブルメーカー
とは決めつけませんが、行く先々でカバのお気に入りには
なれなかったので今の生き方を選択しているだけなのです。

 

 

ちなみに、個人事業主という立場でネットビジネスを運営していれば
多様性集団のことはもちろん余計な人間関係に縛られることがないので
本当にラクです。しかも仕事は自分の意志が100%反映されます。

 

 

退職したり脱サラする人が何やら『負け組』な扱いを
されていますが、何度も他の記事でも書くように
退路を絶って自分の意志に従っただけでも『成功』です。

 

 

『失敗』ではなく『見切った』と考えれば自分をリスペクトできます。
その時は周りがどう言おうと、自分の味方は自分独りで十分です。
味方はあとからいつの間にやら増えていきます。

 

 

そして、あきらめずに継続していれば嬉しい結果も表れます。
それはネットビジネスに限った話ではありません。

 

 

信じましょう(*^-^*)

 

 

 

追記

 

 

 

どこにでもいるカバは、カバでしかいれません。
カバも孤独と戦っているということです。

 

 

そのことは自分が個人事業主になって初めて気付けます。
いざ自分が管理権限をもってビジネスを運営していると
時折孤独になる瞬間があります。

 

 

孤独でいるとふと考えることがあります。
『あの時自分があんな選択をしていなかったら…。』

 

 

そんなナンセンスな感情に一瞬触れてはまた前に進む。
そんなことの繰り返しが全てになりました。

 

 

いざ自分がカバになれば孤独であることに気付くんですね。
しかし、そんなカバも仲間が欲しいから群れるんです。

 

 

(↑貼りたかっただけです(^-^;)

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?