トップへ戻る

やらなきゃ損。イヤなら好きにしたら? -さっさと人生を変えたい人は読んで下さい。-

 

 

やらなきゃ損。イヤなら好きにしたら?

-人生を変えたい人は読んで下さい。-

 

オリーブオイルにハマったので、甘酒に投入中。

 

 

こんにちは、お元気でしょうか?

 

 

いつも自由だ語学だと好きな事ばかり書いている私ですが、
読んで下さっている人に向けたメッセージも書きたいと思いました。

 

 

お元気でしょうか?要するに、私も元気です(^^)

 

 

しかも2日後には2年ぶりのフィリピン再渡航が待っています。
元気にならない理由がどこを探しても見当たりません。
(明後日の夕方にはここに居ます。↓)

 

 

結局この記事も毎度おなじみで自由を語る内容になりますが、
それが私の信念ですから今後も変わらず継続していきますね。

 

 

出世コースも常識コースも完全に踏み外した私ですが、
今日もこうやってしぶとく生き続けています。

 

 

脱サラが『負け組』とか『リスキー』って考えている
サラリーマンの人たちは世の中にたくさんいらっしゃるでしょう。

 

 

しかし、そんなことはどうでも良くなる境地があることも
実際脱サラしてみれば心身共に味わえます。

 

 

そして、サラリーマンたちの抱える矛盾についても、
脱サラしてみればたくさん気付けます。

 

 

では、今日もよろしくお願い致します。

『度が過ぎる依存』は不自由のもと。

 

私のメルマガで発信している内容をここで少しネタバレ致しますと、
『自由になれない理由は他人に依存しているから。』です。

 

 

『他人に依存する。』というのは、
『自分の力で自立できずに、他人を寄りどころにしてばかり。』
とご理解いただければと思います。

 

 

もちろん私たちは人間ですので独りで生きていくことはできません。
誰かの助けは必要だと思います。だから依存も必要です。

 

 

ただ、『度が過ぎる依存』もあるんじゃないですか?
…という話です。例えば…。

 

 

仕事から帰ってくれば一日の全てを貫徹できた気になり、
自宅では座椅子かソファーに座ってスマホでゲームばかり。
食事や風呂の準備も服の洗濯も主婦(夫)に全部丸投げ。

 

 

依存も『いい加減』があるってことです。不自由を生みかねません。

 

 

うっかり外や会社で『仕事ができる』と思われている人も、
家に帰ればその実態はどうなのか疑わしいものです。

依存心が強い人が唯一気付けていない『損』。

 

さて、少し話が逸れましたが、
依存する人間の心理って考えたことはありますか?

 

 

カンタンな話『自分はやりたくない』とか『めんどくさい』
という理由が当てはまるところでしょうが、それは全部
『やったら自分が損だ。』と考えているからです。

 

 

こういうことです。

 

 

・家事を手伝う。

⇒ 自分が疲れるだけだから損だ。

 

・優秀な部下を教育する。

⇒ 間違いを教えたら自分が怒られるので損だ。

 

・めんどくさい人からお誘いがあった。

⇒ 同僚から仲が良いと思われたら損だ。

 

・上司に怒られた同期が近くにいる。

⇒ かばえば、とばっちりを受けるから損だ。

 

・ヘッドハンティングのオファーがあった。

⇒ 新しい環境に適応できないかもしれないから受けたら損だ。

 

 

自分が損をしないためだけに徹底して思考をフル回転できる人の
心理状態とは大抵このようなもので、態度を見ていれば分かりますよね。

 

 

それでも不思議なことに、
この人たちが気付いていない『たった一つの損』があります。

 

 

しかも余計不思議なことに、気付いていたとしても
気付いていないフリまでしてしまうようです。

 

 

それが『他人に依存していることの損』です。
身近な例が、ご存知サラリーマンです。

 

 

依存心の強いサラリーマンは、
自ら『他人に依存している損』に気付くことができていません。

 

 

資産を保有している経営者の一声で職を失うかもしれないし、
自然災害でも起きて会社が無くなれば仕事どころではない。
そんな環境に毎日身を置いているにも関わらず、です。

 

 

自分が損をしないことに脳内フル回転できる人間が、
なぜ『他人に依存する損』に気付けないのか不思議です。

イヤなら好きにすれば良いのに…。

 

別にこれはサラリーマンに限ったことではありませんし、
サラリーマンでいる自分を好きな人も世の中にはいらっしゃる
でしょうから、ただの一意見なのですが、

 

 

『他人に依存することが損』と気付けない人は、
『他人に依存できているから得』と考えていそうです。

 

 

『得』と思っていることを、どうひっくり返したって
『損』などとは思えませんよね。気持ちは解ります。

 

 

ただ、私個人の視線では『他人に依存し続ける』ことは
どう考えても先々『損』になりかねないと思うのです。

 

 

『自分だけは損したくない!』
これだけはすごいパワーとスピードで考え付く割に、
いつまで経っても嫌々会社に毎日向かう人たち。

 

 

不思議ですね。イヤなら好きにすれば良いのにと思います。
『損』以外の何だって言うのでしょうか…。

 

 

『そんなこと言ったって、辞めるに辞められない状況なんだ!』

 

『俺・私が居なくなったら、会社に迷惑がかかる!』

 

『夢なんて見ていられない年齢になってしまったんだ!』

 

『自分には守るべき家族がいるんだ!あの子たちの為にも!』

 

 

めんどくさいくらい、たくさん言い訳は存在しているようです。
因みに私は妻子さま持ちでも働かずに自由に稼ぐ生き方を確立された人を
知っています。

 

 

そんな人を知れば自分に守るべきプライドやキャリアが
そこまであるのかと考えれば、どうでも良くなりますよ。
もちろん人に嫌われたり、関わりたくない人種だと避けられても。

 

 

理解者がいてくれることは良いですが、
究極的に言えば理解者などはたった一人、自分だけで十分です。

 

 

損する事だけ避けるのに必死なら、
あとは好きにやれば良いと思いますよ。

 

 

私はもう、好きにすることに決めました。
イヤなことだらけの人生を変えたかったので。

 

 

追記

 

 

 

イヤなことをガマンしてでも与えられた環境で結果を残す。

これを『美徳』と考えてがんばる人はいらっしゃるようです。

 

 

一つの正論かもしれませんが、
会社という環境に許せない部分が残る私にとっては『前向きの押売り』です。

 

 

好きなことだけして生きていく人もいます。
それで後ろめたさを感じ生きていく義務すらないと思います。

 

 

人生を変えたいのなら、
ハッキリ言って動いた者勝ちでしょう。

 

 

 

 

 

【関連記事】




無料プレゼント



【単身渡航マニュアル】





今は、日本語だけで事足る時代ですか?

はい。⇒ TOPへ。
いいえ ⇒ 海外単身渡航マニュアル(クリックして無料ダウンロードできます。)
もう、海外で仕事したい。 ⇒ 履歴書ひな形と面接・渡航対策(クリックして無料ダウンロードできます。)

注:無料プレゼントを受取るためには、Cookieが有効であることを先ずご確認願います。
(Cookieが無効である場合、プレゼントを受取ることができない場合がございます。)⇒詳細


HOME プロフィール お問合せ お知らせ バックナンバー 日本脱出?